2018.02.08

大阪の皆さん!安心安全に暮らせる家にしませんか?~耐震編~

  みなさん、こんにちは。
日々の暮らしに「快適な空間」をお届けするMidoriの喜多です。
大阪、八尾、東大阪のみなさん!リフォームについてお考え中なら必見です。

当社では、お客様の生活に寄り添い、快適な空間づくりを提案していきます。
キッチンやお風呂のリフォームから、お部屋全体のリフォーム、全面改装工事に
至るまで、何でもお任せください。

今月は「安心して暮らせる家づくり」について、リフォームアイディアを
ご紹介します。

第1回目は「耐震リフォームって必要?」というテーマでお話しますね。
大地震はいつどこで発生するか誰にも分かりません。前触れなく起こる自然災害に
対して、準備をするのであればなるべく早い方がいいでしょう。
1981年に耐震基準の法改正が行われており、それ以前に建てられた建物に関しては、
特に注意が必要だそうです。
 親から受け継いだ家や中古住宅を購入した場合等で、耐震性がどうなっているのか
わからない物件は「耐震診断」を受けてみるのはいかがでしょうか?

○耐震診断で現状を知ろう
 耐震性は、4つの要素で判断されるようです。
地盤の状態
山の斜面や、海や川など水が近くにある土地の場合、地盤が弱い可能性が
あります。
建物の形
揺れに弱い建物はL字型やコの字型で、揺れのエネルギーが1か所に集中
してしまい、建物がゆがんだり、ねじれたりしてしますそうです。
シンプルな箱型の形は、一般的に地震に強いと言われます。
壁の構造
 構造用合板などが壁に設置されていて、耐震用の金具や筋交いがしてあり、
さらに壁に厚みがあると、耐震性が高くなるようです。
2000年以降に建築した建物
1981年と2000年に法改正が行われており、特に2000年以降に建築した建物は、
大地震の際の大きな揺れでも、倒壊する確率は低いそうですよ。
以上の点を耐震診断で確認した結果、実際耐震補強をする必要がある家だと判断された場合、
どんな工事をするのでしょうか?
耐震リフォームの工事内容を簡単にご紹介しますね

・まずは基礎の改修
 建物を支えているのは、壁でもなく柱でもありません。基礎が家全体を支えているので、
ここがしっかりしていないと、大きな揺れには耐えられません。ひびが入っていた場合は補強をし、
さらに鉄筋が入っていない場合は、既存の基礎と鉄筋コンクリートを一体化させます。

・土台となる部分を特に重点的に
耐震性が低くなる要因の1つにシロアリがいます。シロアリの被害にあっている場合は、
腐っている部分だけを新しい木材に入れ替えて直します。柱全体を入れ替えると費用がかさみますので、
「柱の根継ぎ」をします。


・屋根を軽量化する
 古い日本家屋の屋根には重たい日本瓦がどしんとのっています。見た目は風格があってかっこいいのですが、
耐震性を考えると軽量な材質に変えることをオススメします。屋根が重いと、倒壊しやすくなってしまいます。
大切な家と、そこに住む大切な家族を守る為に、耐震について考えることはとても
重要なことです。「まさか」の時が来る前に、家を丈夫にしておきたいですよね。
リフォームして良かったと、言っていただけるようにMidori
お手伝いいたしますよ!

当社ではご相談から工事完了後のアフターメンテナンスに至るまで、一貫して
専属のアドバイザーが対応しております。
家の中の困りごと、工事中の様子、どんな些細なことでも細やかな対応が
できるのは、専属のアドバイザーだからこそです。
アドバイザーと一体となり工事を行う、自社施工ですので安心して
当社にお任せください。
安心自社施工で、お客様のよりよい生活空間作りを目指します。
大阪、東大阪、八尾でリフォームを検討中なら、ぜひMidoriにお気軽に
ご相談ください。
0120-09-1670
メールでのお問い合わせはコチラ
あなたのお悩みリフォームのプロにご相談ください

トラックバック

トラックバックURL:

コメント

コメントフォーム

資料請求・お問い合わせ 0120-09-1670 体験型ショールームのご予約はこちらから