2017.05.18

大阪の皆さん!家の壁紙で湿気対策ができるって知っていましたか?

  皆さん、こんにちは。

日々の暮らしに「快適な空間」をお届けするMidoriのショールーム担当の喜多です。
大阪でリフォームをお考えの方、必見です

当社では、お客さまの生活に寄り添い、快適な空間づくりを提案していきます。
キッチンやトイレのリフォームから、お部屋全体のリフォーム、
全面改装工事まで、すべてお任せください。
今回も、暮らしをもっと快適に、便利に過ごすためのリフォームアイディアを
ご紹介いたします。

前回は、湿気対策に役立つ設備工事についての方法ご紹介をしました。
どんなに換気の良くない家でも、リフォームで必要な設備を手に入れれば、
家には自然と風が通り抜け、居心地の良い空間となります。
お手軽にできるものもありますので、ぜひ検討してみてくださいね!
さて今回は、内装仕上げによって行う湿気対策についてお話したいと
思います。梅雨の時期は洗濯物を外に干せず、室内で乾かしている
ご家庭も多いのでは?空間もジメジメ、洗濯物から蒸発する水分で
室内はさらにどんより・・・そんな環境からおうちを守るために
ぴったりのリフォームです。

○調湿建材を使う
調湿建材は内部にあいているたくさんの小さい穴(微細孔)で、
湿度が高いときには空気中の水分を吸収するという湿度を調節する
機能が備わっており、結露やジメジメした空気をカラっとしてくれる
効果があります。湿気を抑えることでダニやカビの発生も防げますし、
生活臭やホルムアルデヒド等も吸収してくれるので、快適な室内環境を作れます。
施工も比較的簡単なので、調湿建材だけの施工も可能です。
  

○左官仕上げ
漆喰や珪藻土(けいそうど)などの調湿機能を持った左官材での
仕上げをします。珪藻土とは、植物性プランクトンの死骸が堆積して
できた土層から採取される土です。脱臭性能にも優れており、
室内の湿度を調整してくれます。漆喰は、アルカリ成分によって、
カビが発生しにくいという優れた特徴があります。
効果的な一方、クロスなどの仕上げ工事よりも費用がかかります。
またメンテナンスが必要なので、手間もかかってきます。
しかし、デザイン性にこだわるのであればバリエーションに富んだ材質から
選択できますので、こちらの施工がおすすめです。
 

○機能性壁紙
機能性壁紙とは、壁紙に吸水性のポリマーを加工しているもののことです。
室内の湿気を吸収・放出するため、結露対策に有効です。
北側に面した部屋や、脱衣所、お風呂場に面したお部屋、機密性の高いお部屋、
クローゼットなどに最適なものです。
設備工事とともに行うのが理想的な内装工事ですが、これだけでも
ずいぶんと心地よい空間になります。
お部屋の場所によって材質を変更するのも良いかもしれません。
また、優れた機能性だけでなくデザイン性も備え持つので、お部屋の
アクセントとして内装を変えてみるのもおすすめですよ!
大切なおうちを内側から守り、より快適になるよう工夫を凝らすことが
ポイントです。ぜひ、内装仕上げのリフォームをご検討くださいね♪
       

当社では、ご相談から工事の完了、アフターメンテナンスに至る
まで一貫してアドバイザーが対応しております。
家の困りごとや気になる工事中の様子などどんなことでも、
細やかな管理ができるのは、専門アドバイザーだからこそ。
また、アドバイザーと一体となり工事を行う自社施工ですので、
安心して最後までお任せください。
 
安心自社施工でお客さまのよりよい生活空間作りを目指します。
大阪でリフォームをご検討中なら、是非、Midoriにお気軽にご相談ください
0120-09-1670
メールでのお問い合わせはコチラ
あなたのお悩みリフォームのプロにご相談ください

トラックバック

トラックバックURL:

コメント

コメントフォーム

資料請求・お問い合わせ 0120-09-1670 体験型ショールームのご予約はこちらから