大阪・八尾市・東大阪市での「全面改装リフォーム・リノベーション・増改築」のご相談なら
株式会社Midoriへ!地域密着の安心リフォームをご提供します!

0120-09-1670

新着&イベント情報

キッチンリフォームの費用相場、工期の目安は? リフォーム業者の選び方も解説!

2022.12.10 14:20

キッチンリフォームのイメージ

こんにちは。ミドリーナです。
キッチンは家族の食事を作る大事な場所ですよね。
キッチンをリフォームすると使いやすいキッチンになり、効率的に楽しく料理をすることができますよ。

今回はキッチンリフォームの費用相場や工期の目安、リフォーム業者の選び方などを詳しく解説しますので、ぜひ参考にしてください。

キッチンリフォームの費用相場

キッチンリフォームの費用相場は、リフォームの内容にもよりますが、およそ50~150万円の範囲で実施する方が多いようです。もちろん、規模の小さなリフォームであれば50万以下で実施をすることもできますし、大がかりなリフォームの場合は150万円以上の費用がかかります。
具体的なリフォームプランを立てられるように、費用ごとのリフォーム内容を紹介します。

50万円未満

50万円以下のキッチンリフォームだと、ほとんどが小規模な工事になります。 たとえば食洗器を設置・交換したり、レンジフードやコンロを取り付けたり、ミニキッチンを交換といった簡単な作業なら、30万円もかからないでしょう。
工期も1日~数日程度で済むことがほとんどなので、生活の負担にもなりにくいですね。

50~150万円

キッチンリフォームでもっとも人気なのは、“キッチン全体に関わる工事”です。
たとえば新型のシステムキッチンを導入したり、壁付けキッチンから対面タイプへ変更したり、同時に床材や壁紙を張替えたりといった作業だと、50~150万円が費用相場となります。

150万円以上

キッチンリフォームは、大掛かりな工事になると150万円以上の費用が相場となります。
特にキッチンのレイアウトを変えたり、キッチンの位置を1階から2階へ移動させたりするような場合は、300万円ほどかかることもあります。コンロや水道の位置を変えると、それに合わせて配管も作り直す必要があるため、工期も費用もかさんでしまうのです。

また、高級グレードのシステムキッチンを導入する際も費用がかかります。高級グレードや特注品は見た目も使い勝手も抜群ですが、内装補修もあわせて行うと予算オーバーになることもあるでしょう。見積もりを比較しながら、ご家族と相談して決めてくださいね。

人気のキッチンリフォーム4つ

キッチンリフォームで人気なのは、「既存のシステムキッチンを新しいものに交換する」という工事です。システムキッチンひとつで空間の見た目はガラリと変わります。使い勝手もよくなると、料理もはかどりますね。

ただ間取りやスペースによっては、導入できるシステムキッチンが限られることがあるのでご注意ください。予算も照らし合わせながら、リフォーム業者と相談していきましょう。

I型システムキッチンでスムーズな動線

I型システムキッチン

シンクやコンロなどが一直線にレイアウトされているのが、I型システムキッチンです。
省スペースで済むうえ、洗い物から調理までスムーズな動線になります。

コンロの前には壁が設置されていることがほとんどなので、慣れるまで多少の圧迫感はあるものの、別の空間に油が飛ぶこともなく安心です。

L型システムキッチンでゆとりのスペース

L型システムキッチン

L字型のキッチンでは、動線が三角状になります。そのため最小限の移動で効率的に料理できるでしょう。
奥行きがあり、ゆったりとした空間になるのも人気の秘密です。
ただ裏を返すと、ある程度の空間が確保できないとL型キッチンは設置できないのでご注意ください。

ペニンシュラ型システムキッチンで家族とコミュニケーション

ペニンシュラ型システムキッチン

ペニンシュラ型とは、キッチンの一辺を壁に付けた対面式のキッチンです。
好みでアレンジしやすいのも魅力で、リビング側にカウンターを設けて、家族と目の前でコミュニケーションを取りながら料理を作る方も少なくありません。

アイランド型システムキッチンで開放的に

アイランド型システムキッチン

アイランド型は、海外で人気のシステムキッチンです。
アイランド(島)のように壁や仕切りに接しておらず、独立したキッチンスペースを楽しめるのが特徴です。大人数での料理にも最適で、ご家族やご友人とパーティーを開催し楽しまれている方も多くいます。

ただアイランド型は、さまざまなシステムキッチンの中でもハイグレードなキッチンです。費用も高くなり、キッチンスペースも広さがないと設置できないのでご注意ください。

キッチンリフォームの事例はこちら

納得のいくキッチンリフォームにするためのポイント

食器棚、シンク、冷蔵庫など、料理を作る方はキッチン内を縦横無尽に動き回ります。
そのため、デザインや価格よりも“動線”を意識することをおすすめします。
さまざまな家事の中でも「料理」は特に時間がかかるものです。“素敵だけど動きにくいキッチン”は、長期的な視点から見てもやはり避けたほうが良いでしょう。

なおシステムキッチンや食洗器など特定のメーカーにこだわらない場合は、リフォーム業者に大まかな希望や予算を伝えて、プロの目線からアドバイスをもらうのもひとつの方法です。アウトレット品や在庫品などを使うことでコストを抑えられることもあるので、費用が気になる方はそのような相談も積極的にしてみましょう。

既存キッチンを撤去・移動するなら工事費用がプラス

「既存のキッチンが古くなってきたから最新型のものに交換したい」というお客様は多くいます。
しかし既存キッチンの撤去には、各種費用がプラスされることが多いので、しっかり確認しておく必要があります。

たとえば、

・解体費用:約3万円
・撤去費用:約7万円

というように、撤去にかかる工事費用が加わることがほとんどです。

なお、基本的な配管工事(一部の場合)費用相場は以下の通りです。

・ガス配管:約5千円
・電気配線:約5千円
・換気ダクト接続:約3千円
・給排水管接続:約3千円

ただし配管工事の費用は一部でするのか全部するのかで費用感が大きく変わるので、そこもご注意ください。

キッチンのレイアウトを大きく変更するような工事の場合は、コンロや排水管の位置を変えるための延長工事費用も追加されます。

・給排水管の延長工事:約3万円
・ダクトの延長工事:約8万円
・電気配線の延長工事:約1万円
・ガス元栓の移動工事:約2万円

キッチンを移動すると、壁や床の汚れが目立ったり痛んでいたりすることもあるでしょう。同時に張替えをおこなうとスムーズですが、その場合も費用がプラスされます。

・床フローリング張替え:約1,000円/㎡あたり
・壁クロス張替え:約800円/㎡あたり
・床下地補修工事費用:約3,000円/㎡あたり

キッチンリフォームの工期

キッチンは家族の食事を作る場所ですから、工期は気になりますよね。 リフォーム内容によって工期は変わりますが、簡易的なもの(コーキングによる補強など)なら1日かからずに終了するでしょう。

小規模:食洗器やキッチンの交換

レイアウトは変えずに新しいものと交換するだけなら、1~3日程度で終わることがほとんどです。(内訳:既存のものを解体1日 + 交換にともなう電気工事など1日 + 水道工事1日)

なお工期中に、家の水道がすべて使えなくなる時間帯が2~3時間ほど発生します。キッチンはもちろん、トイレやお風呂の水道も使えなくなるのでご注意ください。ただ業者から事前に相談があることがほとんどなので、水道が止まる時間帯にはペットボトルを準備しておいたり入浴を避けたりして対応しましょう。

中規模:床材や壁材の張替えが必要なリフォーム

たとえばシステムキッチンの交換と同時に床材や壁材を張替えるリフォームでは、工期は2~6日程度になります。 水道が使えない時間帯も発生しますが、こちらも数時間程度で済むことが多いので、そこまで生活に影響はないでしょう。

大規模:レイアウト変更が必要なリフォーム

たとえばI型のキッチンをL型のものに変えたり、1階のキッチンを2階に移動したりというように、レイアウトそのものが変わるようなリフォームだと工期も長めになります。リフォームの内容にもよりますが、短くて1週間、長くて3か月程度を見込んでおきましょう。

水道が使えない期間が長くなったり工事が終わるまで料理もできなかったりなど、生活にも大きな影響が出てきます。 ウィークリーマンションやマンスリーマンションを利用したり、近くに親戚がいるなら一時的に同居できないか相談したりして、工事終了までの段取りを整えておきましょう。

キッチンリフォーム業者の選び方

キッチンリフォーム業者はいくつもあります。どの業者も特徴や請負費用が異なるので、迷ってしまいますよね。

キッチンリフォームを請け負っているのは、主に「リフォーム専門店」「工務店系リフォーム会社」「専門業者系リフォーム会社」です。 その中から1社に絞るために、「実績」「担当者との相性」「相見積もり」の3点を基準に検討することをおすすめします。

実績

ホームページに掲載されている実績や口コミを見て、信頼できる業者か見極めましょう。実績があるほど工事に慣れているということなので、細かな部分までしっかりフォローしてくれますよ。

担当者との相性

いくら良いサービスを提供している企業でも、あるいはいくらリーズナブルな工事費用でも、担当者の対応が悪いと不信感が募ります。 見積もりや相談の段階で、担当者との相性もチェックしましょう。リビングや風呂場など、今後別の空間のリフォームを相談することがあるかもしれません。「この人なら信頼できる」と感じた相手と、末永く良好な関係を築けたら良いですね。

相見積もり

業者によって、見積もりの書き方は異なります。 「工事代金一式」とまとめて金額を提示する業者よりも、内訳を細かく書いてくれる業者のほうが信頼できそうです。 特に『換気ダクト接続』『給排水管の延長工事』など、メインのリフォームに付随するような工事内容でもきちんと記載されているかどうかをご確認ください。

まとめ

キッチンリフォームは、リフォームの中でも人気の工事のひとつです。 費用相場は50~150万円ですが、リフォームの内容によって費用も工期も変わるのでご注意ください。

納得のいくキッチンリフォームのためには、“動線”を意識するのがポイントです。 好みのデザインのキッチンでも、動きにくければ結局はまたリフォームすることになるかもしれません。

誰もが使いやすいキッチンなら、一緒に料理をしたり食器洗いを手伝ったりなど、笑顔がたくさんあふれる家庭になりそうですね。

株式会社 Midoriはキッチン・浴室・バス・トイレ・洗面といった水回りのリフォームからリビング・ダイニング・洋室・和室の内装リフォーム、外構・エクステリア・バルコニー・ベランダといった外装リフォームなどの全般の実績がございます。リフォームでお悩みなら是非、株式会社Midoriまでお問い合わせください。

キッチンリフォームの相談・資料請求はこちら

ブログ内検索

  • 新着&イベント情報
  • 社長クハラのブログ
  • 月刊 明るいMidoriっ子ブログ
  • ショールームの出来事

お気軽にご相談ください。無料相談のお申込みも受け付けております。

お電話でのお問合せ

0120-09-1670

メールでのお問合せ

お問合せはこちら

営業を目的としたお問合わせはご遠慮ください。

ページトップへ
TEL Show