大阪・八尾市・東大阪市での「全面改装リフォーム・リノベーション・増改築」のご相談なら
株式会社Midoriへ!地域密着の安心リフォームをご提供します!

0120-09-1670

社長クハラのブログ

社長クハラのブログ

経済状況

2022.09.09 10:40

みなさん、こんにちは。
クハラです。
今回は、現在の経済状況に関して
お話したいと思います。

東京外国為替市場は円安の流れが止まらず、
円相場は、一時1ドル=144円台まで値下がり
しています。
144円台は1998年8月以来およそ24年ぶり
となります。
アメリカの景気の底堅さが確認され、
FRB=連邦準備制度理事会による
大幅な利上げが続くという見方が広がり、
円を売ってドルを買う動きが
強まっています。

アメリカで大幅な利上げが続くという
見方から、世界の多くの国の通貨が
ドルに対して値下がりしていますが、
その中でも円の下落率は際立っていて、
去年の年末からおよそ20%、額に
しておよそ29円、円安が進んでいます。

円安のデメリットは石油をはじめとする
原材料を輸入する際のコストが
かさむことです。
ロシアのウクライナ侵攻以降、原油など
のエネルギー価格や穀物などの原材料価格
がすでに高騰しています。
円安が進めば、この価格上昇にさらに
拍車をかけることになります。

現在の建築資材の高騰はウッドショックや
オイルショックに円安が追い打ちをかける
ように影響が出て価格が上昇しています。

値上げされているのなら、値下がりするまで
リフォームを待とう、と思うかもしれませんが、
当分の間は、建築費用が値下げされる可能性は
極めて低いと考えられます。
建築資材費・住宅設備費がまだ上昇傾向にあるため、
現在を底として、これからも上がっていくと
予想されているからです。
そのため、2022年に住宅リフォームを見送ったから
といって、有利になる可能性は低いでしょう。

みなさん、今、住宅リフォームをお考えなら、
先延ばしにするよりも、今すぐのご検討が
オスススメです。
 
 
大阪 八尾 東大阪
新築・増改築のご相談はMidoriにお任せ下さい。

お気軽にご相談ください。無料相談のお申込みも受け付けております。

お電話でのお問合せ

0120-09-1670

メールでのお問合せ

お問合せはこちら

営業を目的としたお問合わせはご遠慮ください。

ページトップへ
TEL Show