大人のくつろぎを創造させる理想のLDK

藤井寺市 I様邸

築年数 30年
ご家族構成 4人 リフォーム部位 LDK
  • リフォームのきっかけ
  • こだわりポイント
  • ホームドクターの施工録
  • お客様の笑声

リフォームしたきっかけは?

 

    子供たちも成長し、もてあましていた和室とリビングを区切っていた壁を取り払い間取りを変えてリビングを広々とした落ち着いた空間にしたいと
         思ったのがきっかけです。

こだわり・お気に入りポイント


    
                                                                                                                                
   
                    

永尾さんと武田さんが提案してくれた壁一面の間接照明は、光がやさしくおしゃれな落ち着いた雰囲気が気に入っています。ダウンライトも部屋を広く見せてくれてお気に入りです。テレビの背面には、アクセントウォールにと名古屋モザイクのタイルを勧めてくれました。テレビを見るたびに壁紙と質感の違うタイルが目に入りお気に入りポイントです。玄関には、構造上取り除けないブレースを活用して同じタイルを袖壁にも取り付けてくれてました。華やかに仕上げてくれたところとかも好きですね。

Midoriでリフォームを決めた理由は?

インターネットの紹介サイトで初めは数社リフォーム業者と話をしました。でも、Midoriさんは、いろいろなパターンの提案もしてくれたし、話しも一番しやすかったです。パースもイメージをつかむのにわかりやすかったし、なにより自分たちの理想の住まいを描いてくれたのが一番の決め手になりました。

新しい画像
                      
                                        

リフォームのお悩み・住み心地は?


                          

アクセント壁の色を何色にするか悩みましたね。一番長くいるリビングですから落ち着いた雰囲気にしたくて、ですが、見本帳には、カラフルな壁紙がたくさんあって迷っていました。いろいろ相談し、娘とも話し合ってソファーの色に合わせたグレーのシックな色に決めました。白の住まいを引き締めるカラーで正解だったと思います。大満足のリフォームだったので、他の方にもお勧めしたいくらいです。今度は水廻りもMidoriさんにお願いしようかなと思っています。

                             

before

after

ホームドクターの施工録新しい画像 (13)

子供さんが成長されたのをきっかけに広々としたリビングにしたいとお話を頂きました。シックなイメージがお好きだということでしたので、白を基調に、グレイッシュトーンでまとめました。天井高まであるドアや収納扉・窓辺には、タテ形ブラインドをご提案しました。視覚効果により実際の空間より奥行きを感じ広く見せる効果が期待できます。

もともと和室だった部屋は、リビングと和室の間に段差があり取り除けるか注意深く現地調査を行い、玄関には、構造上ブレースが見えてしまうことを気にされていましたが、袖壁+モザイクタイルで華やかに仕上げました。

ホームドクター:永尾 伸一
武田 康弘

資料請求・お問い合わせ 0120-09-1670 体験型ショールームのご予約はこちらから