2018.09.14

9/16(日)・17(月)休業日のお知らせ

 

0120-09-1670
メールでのお問い合わせはコチラ
あなたのお悩みリフォームのプロにご相談ください

2018.09.12

【ベランダリフォーム】屋根を点ける際の注意点

皆様ご機嫌いかがですか? お客様のよりよい住まいと暮らしを日々追求しているMidoriです!
大阪・東大阪・八尾にお住まいのリフォームをご検討の方に、おすすめの話題をお届けします。

1階の部屋と庭などの間にベランダがあると、日射しや雨風を防いでくれますし、雨の日に洗濯物が干せるなど、とても便利です。ご自宅でベランダのリフォームをお考えの方のために、ベランダ設置のポイントについて、特に屋根を点ける際の注意点を中心にご紹介します。

ベランダの屋根の大きさは?

一階と外へのアプローチにテラスを設けている住宅は多いですね。テラスに屋根があるものを「ベランダ」と呼びます。また、二階のバルコニーに屋根を設置している場合もあります。屋根があると、屋内に入る日光がやわらげられ、風雨が直接屋内に入り込むのを防ぎ、壁やテラスの床部分を守ってくれます。また、雨の日にも洗濯物を干すこともできます。

テラスやバルコニーの大きさにもよりますが、日避けや雨避けということを考えると、屋根の大きさは壁からの水平距離が30~50㎝程度が目安でしょう。また、雨の日に洗濯物を干すことを想定すると、洗濯物を干す位置からさらに同程度のスペースが必要となります。

一方、屋根が大きくなると日射しが部屋に届きにくくなります。その場合は、建材に光を通すようなものを選ぶなどの工夫が必要になってきます。また、日射しとの関係では、南向きや東南向きの方角なら屋根が必要ですが、北側や北西側はそもそも日が当たりにくいので日避けとしての屋根の必要性は低くなります。

このように、ベランダのリフォームは、テラスの有無や広さ、屋根を設置したい方角などを確認しつつ、大きさを検討していくといいでしょう。

屋根の形や材質を選ぶポイント

ベランダの屋根の形には、大きく分けてフラット型とアール型の2つがあります。フラット型は平板な板状の屋根となり、アール型は軒先がカーブを描いた形状のものです。フラット型はシンプルでスタイリッシュな印象で、アール型はモダンな印象となります。また、アール型は屋根の先がカーブしているため、風による吹き込みを防いでくれます。

また、屋根や支柱などに使われる材質も重要なポイントです。柱や梁などの骨組み部分は、スチールや木材などのほか、丈夫で軽量かつ腐食や錆の心配がないアルミ形材などもあります。また、屋根の部分は、現在は、ポリカーボネートという建材が多く用いられています。ポリカ材とも呼ばれるプラスチック建材の一種ですが、頑丈で高い耐熱性が特徴です。

ベランダは屋外にありますので、雨や台風、積雪などの影響を受けます。ベランダのリフォームに当たっては、このような自然環境に耐えられる構造や建材を選ぶことが大切です。また、ベランダに洗濯物を干すのに便利な物干し竿の設置ができるタイプもありますが、その場合はベランダに洗濯物の荷重がかかることになります。強度や耐久性に十分考慮し住まいとの調和も見ながら、デザインや建材を考えましょう。

ベランダ屋根を設置する前に、家と壁材なども確認を

ベランダの屋根は、建物に直接固定します。十分な強度を確保して雨漏りを防ぐためで、特にリフォームなどで後からベランダ屋根を設置する場合は、家の建築方法や壁材を確認する必要があります。

ベランダの屋根を取り付けることができる工法は、「木造在来工法」、「2✕4(ツーバイフォー)工法」、「RC」、そして「軽量鉄骨造」の住宅・建造物になります。多くの戸建て住宅では問題ありませんが、「重量鉄骨造」の場合は取り付けができません。また、壁材にタイルやレンガ、ALC外壁材を使用している場合は、リフォームの際に破損や欠損するおそれがありますので対策が必要になります。

なお、ベランダの下にガス湯沸かし器がある場合は、排気の熱が屋根や支柱に影響を与える可能性があるので注意が必要です。また、屋根を支える支柱は、庭を大きく使いたい場合に邪魔になってしまう可能性があります。屋根の重さと大きさによっては、支柱を必要としない取り付け方法もあります。

以上、ベランダのリフォームについて、屋根を中心に注意したいポイントをご紹介しました。
お役に立てれば幸いです。
よりよい住まいづくりのためのリフォームを手掛けるMidoriでは、ベランダ屋根のリフォームについても数多くの実績があります。また、ご相談の時点から社員一名が専属アドバイザーとしてお客様を担当し、さまざまなお悩み・疑問の解消のお手伝いや、施工完了まではもちろんアフターサービスもサポートします。
本社隣接のショールームにてお待ちしていますので、どうぞお気軽にお問い合わせください。

0120-09-1670
メールでのお問い合わせはコチラ
あなたのお悩みリフォームのプロにご相談ください

2018.09.10

玄関の引き戸をリフォームする時の注意点

こんにちは!明るく快適な住まいづくりのお手伝いに励むMidoriです。
大阪・東大阪・八尾にお住まいでリフォームを検討中の方に、おすすめの話題や情報をお届けしています。
玄関はその家の顔とも言う場所であり、戸口はその玄関の中心になります。常に綺麗にしておきたいのはもちろんですが、「家の顔」だけあって大きな変更は難しいところでもあります。
今回は玄関の引き戸のリフォームについて、引き戸の種類や注意したいポイントなどをいくつかご紹介しましょう。

玄関の引き戸の種類と特徴

玄関の開口部分は、大きく分けて開き戸と引き戸の二種類があります。開き戸は戸が戸口に固定されているため、扉を開けるときに戸の移動分のスペース確保が必要なのと、開けた扉そのものが開口部を一部遮るのがデメリットです。引き戸は戸板を横にスライドさせますので開いた戸が邪魔になることがなく、開口部を大きく使うことができますが、戸の引き込み部分が必要になります。
引き戸には、戸の枚数や引き方によって、主に次のようなタイプがあります。
・引き違い戸 2枚の戸を左右のどちら側かにスライドして開くタイプです。開口部は2枚の戸の
   1枚間口の半分になります。引き戸で一般的に用いられているタイプです。
・片開き戸 片側の戸のみをスライドさせるタイプです。開口部は戸1枚分です。
   間口が狭い場合にも対応が可能です。・2枚~3枚片開き戸 2枚以上の戸をスライドさせて片側に
   寄せて開くタイプです。例えば間口を3分割すると3枚開き戸になり、間口の3分の2が
   開口部になります。引き違い戸や片開き戸は間口の2分の1で、3枚引き戸の方が広いため、
   車椅子やベビーカーなどの出入りには便利です。
・両開き戸 2枚の戸を左右にスライドするタイプです。開口部は戸2枚分で、
   間口を大きく使うことができます。ただし、戸の両端に引き込み部分が必要になります。

それぞれにメリット・デメリットがあり、与える印象も大きく異なります。リフォームでどれを選ぶかは、デザイン性や家族の生活スタイルに加え、玄関周辺の引き込み部分に使えるスペースなどを押さえながら検討するといいでしょう。

玄関の開き扉を引き戸にリフォームできる?

扉を固定した開き戸の玄関は洋風住宅建築に多く採用されていますが、扉の動きに合わせたスペース確保と、開閉した扉の固定が必要です。このため、住宅のバリアフリー化を進める場合に、玄関を開き戸から間口が広くスムーズに出入りができる引き戸に変更することもあります。

リフォームで開き戸から引き戸に変更する際は、スライドした引き戸の引き込み部分が確保できるかどうかがポイントです。引き戸の引き込み部分を設置する十分なスペースがない場合には、設置箇所の壁面を壊すなどの工事の追加が必要になってきます。その場合、住宅の強度などへの影響がないかなども含め、専門家にアドバイスを受けながらリフォームの検討をするといいでしょう。

玄関の引き戸のリフォームは、玄関全体のデザインにも配慮を

玄関は、外から順に、玄関まわり(玄関ポーチ)、玄関庇(ひさし)、引き戸あるいは扉、土間、上がり框といった要素から構成されています。人が毎日出入りする場所ですし、玄関まわりや庇、扉部分は外に面していますので、日光や風雨に晒されています。このため、他の部分よりも経年劣化が進み、修繕やリフォームが必要になっていることもあります。

開き戸から引き戸への変換も含め、玄関の引き戸をリフォームする際には、玄関の他の部分の状態もあらかじめ確認しておきましょう。軽度のものなら簡単な修繕やリフォームで済みますが、ポーチや土間、扉周辺の壁などで傷みが目立つ場所がある場合には、写真を撮影しておくといいでしょう。

また、玄関の外観写真を撮影しておくこともあわせておすすめします。玄関の印象は、玄関ポーチと庇、そして扉で決まります。引き戸は和風住居というイメージがあるかも知れませんが、現在はデザインのバリエーションが豊富です。玄関の現状写真を元に、同じ雰囲気の引き戸にするか、まったく新しいデザインのものに変更するのかなど、より具体的にリフォームのイメージを考えることができます。

玄関の引き戸へのリフォームは、高齢化が進んでいる近年、扉の引き込みにレール埋め込み式を採用することでバリアフリー化が可能な点や開閉が楽な点などもあり、人気を集めているリフォームです。
大阪・東大阪・八尾で住まいづくりのお手伝いを続けているMidoriでは、自社に工事部を持っており、さまざまな条件に合わせた引き戸のリフォームをすることが可能です。また、社員一人が専属アドバイザーとして、玄関全体のリフォームのイメージづくりから完成・引き渡しまで、しっかりサポートしますので、お気軽にお問い合わせください。

0120-09-1670
メールでのお問い合わせはコチラ
あなたのお悩みリフォームのプロにご相談ください

2018.09.04

ご迷惑をおかけして申し訳ございません。

この度は、台風21号の被害にあわれた方々に心よりお見舞い
申し上げます。

弊社も只今、被害にあわれたお客様の対応に全力で対応を
させて頂いております。
ご連絡等、対応不足となっておりますこと、心よりお詫び申し上げます。
誠に申し訳ございません。

順番に対応をさせて頂いておりますので、もうしばらくお待ち下さいますよう
よろしくお願い申し上げます。

  

株式会社Midori
代表取締役 久原 正仁

0120-09-1670
メールでのお問い合わせはコチラ
あなたのお悩みリフォームのプロにご相談ください

2018.08.28

9/1(土)・2(日)休業日のお知らせ

 

0120-09-1670
メールでのお問い合わせはコチラ
あなたのお悩みリフォームのプロにご相談ください
資料請求・お問い合わせ 0120-09-1670 体験型ショールームのご予約はこちらから