2018.04.19

大阪の皆さん!10年後、20年後の家族のためのリフォームをしませんか?

  みなさん、こんにちは。
日々の暮らしに「快適な空間」をお届けするMidoriの喜多です。
大阪、八尾、東大阪のみなさん!
リフォームについてお考え中なら必見です。

当社では、お客様の生活に寄り添い、快適な空間づくりを提案していきます。
キッチンやお風呂のリフォームから、お部屋全体のリフォーム、全面改装工事に
至るまで、何でもお任せください。

今月は「介護リフォーム」についてお話していきます。
みなさんは、介護リフォームについて考えたことありますか?
介護が必要になったらリフォームを考え始めるのでは、少し遅いかもしれません。
急な病気やケガで、ある日突然、介護が必要になることもあります。
いざという時に知識があれば、少しは安心ですよね。
 今回は介護リフォームの中でも、「トイレのバリアフリー」について、お話していきます。

◯補助金の使えるリフォーム
 介護をしてもらう立場になったとき、トイレに関しては出来ることならば他人の
手を借りず、自分で行いたいですよね。
トイレのリフォームは種類によって、補助金が出るリフォームがありますよ!

【扉】 開き戸を引き戸に変える。
入り口が80センチ以上あれば開け閉めの簡単になります。
【手すり】 動作時、所々に手すりがあれば、移動しやすくなる。
ただし、好き勝手に手すりを付けまくればよいというわけではなく、
介護される人が実際に使い勝手を試しながら設置した方がよいでしょう。

【洋式トイレ】 丁度良い高さの座面に直したり、和式トイレを様式に変える。
同時に、温水洗浄便座を設置すると、入浴が困難な時の衛生面の心配も減ります。
     

◯介護する人も使いやすいトイレって?
 トイレは1人でしたいですが、どうしても介護が必要ならば、介護する人も
使いやすい方が良いですよね。
 まず、トイレ空間全体に使いやすさについて考えてみましょう。
トイレに行く場合は、あまりのんびりしていられません。出入り口が広く、段差がなく、
トイレ内が程よく広い方が良いですね。また、スリッパを履かずに利用できれば、
スリッパをはくことに手間取ったり、こけてしまう心配が少なくなります。
素足で歩いても不快感のないような素材や色にすると、快適に過ごせます。
 しかし、現在あるトイレの大きさを広く取るのは難しいというご家庭も、
けっこう多いのではないでしょうか。最近では、介護される人の寝室の押入れをリフォームし、
トイレを設置することもあります。こちらは既存のトイレに関するリフォームに比べると、
価格も高くなってしまいますので、本当に必要な工事かどうかケアマネージャーさんなどの専門家に
相談するのが良いかと思います。
 介護リフォームは「介護される人と、介護する人が生活しやすいようす行うもの」なのです。新築時、
介護に備えて様々な設備を備え付けている場合は、改めてその設備が「介護する人、介護される人」
両方にとって、使いやすいか、改めてリフォームが必要ではないか、見直してみてくださいね♪


当社ではご相談から工事完了後のアフターメンテナンスに至るまで、一貫して
専属のアドバイザーが対応しております。
家の中の困りごと、工事中の様子、どんな些細なことでも細やかな対応ができるのは、
専属のアドバイザーだからこそです。
アドバイザーと一体となり工事を行う、自社施工ですので安心して当社にお任せください。
安心自社施工で、お客様のよりよい生活空間作りを目指します。
大阪、東大阪、八尾でリフォームを検討中なら、ぜひMidoriにお気軽にご相談ください。
0120-09-1670
メールでのお問い合わせはコチラ
あなたのお悩みリフォームのプロにご相談ください

2018.04.13

キッチンリフォームを選ぶポイントと八尾の相場や見積額について

家の中で一番費用をかけたいとと考える人も多いキッチン。リフォーム工事についても、その規模はピンからキリまで、リフォーム工事の内容によって費用も大きく異なります。

例えばシステムキッチンに変更すると一口で言っても、グレードによって大きく価格帯は変わります。また、キッチンのあるスペースそのものを変更すると数百万円かかるケースも珍しくありません。しっかりと費用計画を立てて信頼できる業者を選ぶ必要があります。

今回はそんなキッチンリフォームを選ぶポイントと八尾の相場や見積額についてご紹介させていただきます。

キッチンのリフォーム工事の種類とは?

キッチンリフォーム工事で目立つ案件は、システムキッチン全体の入れ替えです。メーカーやブランドによって価格帯が大きく異なり、工事費込み50万円前後で済む場合もありますが、ハイグレードタイプなら数百万クラスまであります。

また人気のアイランドキッチンは、壁や窓際にあったキッチン設備を移動する工事が必要ですから、最低でも設備込みで200万円近くかかると覚悟しておいたほうがよいでしょう。

このようにキッチンリフォーム工事は幅が広く、高機能を求めるほどにコストはどんどん高くなります。しっかりと費用対効果を試算してリフォーム工事を決断する必要があります。

また定期的に手をかけて少しずつ理想のキッチンに近づける方法もあります。家計とよく相談して、無理のないリフォーム工事にしたいものです。

キッチンのリフォームはどこに依頼するの?

キッチンのリフォームを考えるとき、まずはリフォーム対象となる設備選びから始めます。ホームセンターや懇意にしている工務店に相談するのもよし、メーカーショールームまで足をのばして見るのもよいでしょう。

大手メーカーであれば、たいていの工務店に依頼できますが、メーカー側から紹介された業者があれば依頼したほうが工事その他の後々の諸連絡がスムーズです。

八尾でキッチンリフォーム費用の相場は?

多くの自然が残された八尾市は、子育て世代から支持される新興住宅地が多いエリアでもあります。住宅設備の需要が多く、キッチンリフォーム業者選びには苦労はしないでしょう。

依頼したい工事を得意とし、安く請け負ってくれる業者を見つけることが満足度の高いリフォーム工事とするための秘訣です。

キッチンのリフォームは費用対効果を十分検討しよう!

お金をかけようと思えば際限なく跳ね上がってしまうのがキッチンのリフォームです。お料理を担当する立場の主婦や主夫の方からすれば、あふれるほど要望があることでしょう。

しかし、実際に設置してみたら意外と使わない無駄な設備に後悔しているケースも少なくありません。本当に必要な設備なのかをよく考えて、10年先も気持ちよく使えるキッチンにしたいものです。

キッチンリフォームの成功には、費用対効果を十分に検討することが何よりも大切です。しっかりリサーチをして、お料理が楽しくて仕方ないキッチンを手に入れましょう!

0120-09-1670
メールでのお問い合わせはコチラ
あなたのお悩みリフォームのプロにご相談ください

2018.04.12

トイレリフォームを選ぶポイントと八尾の相場や見積額について

国内ナンバーワンTOTOのホームページによると、便器や便座の交換など、トイレのリフォーム時期の目安は15~20年。たいていのご家庭で「そろそろトイレを新しくしよう」とリフォームを考える時期とほぼ一致しています。

しかし、トイレのリフォームは便器や便座の交換だけではありません。将来を見据えた手すりの設置など必要なリフォーム工事はほかにもあります。またリフォームを依頼する業者選びも重要です。今回はトイレリフォーム選びのポイントと八尾の相場や見積額についてご紹介させていただきます。

トイレのリフォーム工事の種類とは?

トイレのリフォームには大きく分けて次の二つがあります。

まずトイレの主役「便器」「便座」「水槽タンク」の交換工事です。そしてもう一つがトイレそのもののリフォームです。高齢化する家族のケアを考えれば、バリアフリーや、暖房設備、手すりの設置が望ましいもの。一口でトイレリフォームといっても、必要な工事はご家庭によって様々です。そしてそのリフォーム工事の規模によって、必要な費用は大きく変わります。

今後20年快適なトイレにするためにはどんなリフォーム工事が必要なのか? 費用のかけどころを含めてよく検討しておきたいものです。

トイレのリフォームはどこに依頼するの?

トイレのリフォーム工事の成功は、工事を依頼するトイレリフォーム業者選びに大きく左右されます。工務店やホームセンターなどに依頼するのが一般的ですが、トイレ設備メーカーのショールームで設備を選んだ際に業者を紹介してもらうのもよい方法です。

しっかり事前に評判の良い業者、悪い業者を確認しておけば紹介された時も安心です。業者リサーチは入念に行いましょう。

八尾でトイレリフォーム費用の相場は?

大阪市のベッドタウン八尾市は、人口20万の中堅都市です。駅前には大型ショッピングモールや病院が揃っていることからも新興住宅地がいくつも生まれており、トイレリフォーム業者は多く見つかります。

トイレリフォームの費用を左右するのは設備のクオリティです。一般的なウォシュレットトイレなら5万円前後からあり、工事と合わせてもトータル10万円前後で済みます。

しかし最高グレードの便座が電動で昇降するトイレリフト付きの場合は、工事費と合わせて40~50万円前後が必要です。また、高齢化に備えて床のバリアフリー化や、手すりを付けるなら3~10万円ほどかかるのが相場となっています。

ほかにも換気設備の変更や、トイレ内に手洗いカウンターを設置すればさらに費用は跳ね上がります。本当に必要な設備なのかをよく検討してリフォーム内容を決める必要があります。

トイレのリフォームは段取り上手が成功の秘訣!

毎日必ず使用するトイレは、年齢を重ねるとともにますます使用頻度が高くなる重要な場所になってきます。

日々のメンテナンスの軽減と使いやすさの両方を実現できるリフォーム工事にしたいものです。そのためには、リフォーム完了までの段取りをきちんと考え、信頼できる業者に依頼することが必要です。

リフォーム工事が完成後、トイレをリフォームしてよかったと思えるようにリフォーム工事前の準備はしっかり行いましょう。

0120-09-1670
メールでのお問い合わせはコチラ
あなたのお悩みリフォームのプロにご相談ください

2018.04.09

4/15(日)休業日のお知らせ

 

0120-09-1670
メールでのお問い合わせはコチラ
あなたのお悩みリフォームのプロにご相談ください

2018.03.29

大阪の皆さん!梅雨前の今がリフォーム時ですよ!~屋根編~

  みなさん、こんにちは。
日々の暮らしに「快適な空間」をお届けするMidoriの喜多です。
大阪、八尾、東大阪のみなさん!リフォームについてお考え中なら必見です。

当社では、お客様の生活に寄り添い、快適な空間づくりを提案していきます。
キッチンやお風呂のリフォームから、お部屋全体のリフォーム、全面改装工事に
至るまで、何でもお任せください。
 今月は「梅雨前にしたいリフォーム」というテーマでお送りしています。
今回は「屋根のリフォーム」について、お話していきたいと思います。
前々回でお話しした壁や、前回お話しした門やフェンスは、自身の目で確かめられるので、
リフォーム時期をある程度判断できますよね。今回お話しする「屋根」は、
現在どんな状態なのか普段見ることが出来ません。1番目につきにくい場所ですが、
家を守るのに1番大切な場所でもあります。梅雨で長い間、雨に打たれた後は、
台風の季節がやってきます。
屋根のリフォームをするなら、やはり梅雨前の今の時期が良いですね

○基本的な屋根のリフォームは3種類

 ・塗装(色だけを塗りなおす)
一番気軽に出来るリフォームで、屋根の基礎の部分(下地)の傷みが少ない場合には、
塗装だけで十分な場合があります。また、日本瓦は塗り替えの必要がありません。

・カバー工法(今の屋根に新しいものを上からかぶせる)
屋根の下地が痛んでいない状態で、直接雨風にさらされる屋根部分のみの損傷がある場合に、
この施工をします。廃材が出ないので、撤去費用が掛かりません。


 ・葺き替え(今の屋根を取り、新しくする)
屋根のすべてを取り換えるので、天窓を付けたり、換気扇を設置したりと、
柔軟に対応できるのが特徴です。リフォームに時間はかかりますが、建物全体の耐久性が上がります。
屋根の種類や、素材によっても変わりますが、10年で塗り替えをして、
20年で葺き替えを行うというのが、
一般的なサイクルのようです。


○屋根工事と一緒にするとお得?!
 雨が降った時に地味に大活躍しているのが、雨どいです。普段は気にかけることはないと思いますが、
雨どいに欠陥があると、うまく排水されず、家の壁から雨水が侵入する可能性があります。
 雨どいの設置には、足場を組む必要がありますので、屋根のリフォームをする時には、合わせて雨どいの
工事をセットでする方がお得なんですよ(雨どい本体の値段より、足場代の方が高くなることもあります)
 屋根の工事については、各家庭によって必要な施工が大きく変わってきます。
リフォーム費用はなるべく安く抑えたいのが本音ですが、自分の目で確認できない場所だからこそ、
施工業者と相談をして、現状をきちんと把握することが大切です。費用で判断するのではなく、
工事の範囲をきちんと説明してくれる業者かどうかと、メリットやデメリットを考えて、
リフォームしたいですね。


当社ではご相談から工事完了後のアフターメンテナンスに至るまで、
一貫して専属のアドバイザーが対応しております。
家の中の困りごと、工事中の様子、どんな些細なことでも細やかな対応ができるのは、
専属のアドバイザーだからこそです。
アドバイザーと一体となり工事を行う、自社施工ですので安心して当社にお任せください。
安心自社施工で、お客様のよりよい生活空間作りを目指します。
大阪、東大阪、八尾でリフォームを検討中なら、ぜひMidoriにお気軽にご相談ください。
0120-09-1670
メールでのお問い合わせはコチラ
あなたのお悩みリフォームのプロにご相談ください
資料請求・お問い合わせ 0120-09-1670 体験型ショールームのご予約はこちらから