2015年12月

2015.12.29

2015年お世話になりました。

 今年も終わりが近づいてきました。
2015年も皆様に本当にお世話になり、ありがとうございました。

振り返ると、いろいろな事がありました。
良かったことも、悪かったことも。
しかし、悪かったことは、今年に置いていきます。(反省しながら)
来年は気分を一新して、良いことを貫いて継続していける
そんな1年にしていきたいと思います。


今年の漢字は、「安」。
今年はいろいろと不祥事が多い一年でした。

マンションの基礎の杭打ちデータ改ざん、
制震ゴムのデータ改ざん、
海外の自動車メーカーの排ガスデータ不正操作問題、
大手家電メーカーの不正経理問題、
東京オリンピックエンブレム類似問題などなど
何を信じればいいか、ほんとに不「安」になりますよね。

特に建築業界の杭打ちの不正問題は2005年の耐震偽装事件以来の
信用不安を招いています。
見えないところは、わからないから、手を抜こうなんて最低ですね。
住宅は大事な財産です。一般的には、20年や30年のローンを組んで、
長い時間をかけて手に入れる貴重な財産です。
それをわからない業者は、住まいづくりをすべきではない!っと思います。
同じ業界にいる私たちは、このことを肝に銘じ、真摯に業界の信頼回復に
努力すべきだと思います。

来年は、消費税の増税の影響を受ける一年になるでしょう。
前回の消費税の増税時にある程度、需要の先食いをしているので
駆込み需要は前回ほどではないでしょうけど、やはり、皆さん考えていることは
だいたい、同じですので、時期が重なると思います。
それでも、慌てず、信用第一で頑張っていきたいと思います。

来年も皆様にとりまして、素晴らしい一年となりますよう、心からお祈り致します。
良いお年をお向かえください。
ありがとうございました。

大阪 八尾 東大阪 リフォーム、新築、増改築
株式会社Midori

0120-09-1670
メールでのお問い合わせはコチラ
あなたのお悩みリフォームのプロにご相談ください

2015.12.04

大経営者ご逝去

 先日、タカラスタンダードの実質的な創業者といってもよい
渡辺六郎氏のお別れ会に参列致しました。
昭和の大経営者がまた一人、この世から旅立たれました。

渡辺氏は、日本エナメル時代から、現タカラスタンダード株式会社を
日本のトップ企業まで育て上げました。
いくつもの不況の時代をたゆまぬ努力と堅実な企業戦略で
乗り越え、今やタカラスタンダードは日本を代表する住宅設備メーカーとなりました。
バブル時代も、「メーカーは財テクで儲けてはならない」という言葉で、
自社の専業を忘れず堅実な経営を計り、
バブル崩壊後で苦しむ数々の企業をよそ目に、増益を繰り返し
成長を遂げていった経営手腕はその当時、世の中を驚かせました。

「一生懸命」という言葉を大事にし、ものづくりに情熱を傾け
約50年にわたり経営に携わり、お亡くなりになる直前まで
会社の行く末を案じ、現役にこだわったその姿勢には、本当に頭が下がります。

そして、今や当たり前になっている、住宅設備をショールームでお客さまに
見せる手法をどこよりも早く取り入れ、実践していった渡辺氏。
本当に学ぶべきことはたくさんあります。

当社もまた、タカラスタンダードさんの商品を多く扱っております。
渡辺相談役のご逝去に、心からお悔やみ申し上げますと共に、
住宅業界の発展に大きく寄与され、今の私たちの生活を
快適にして頂いたこと、本当に感謝申し上げます。
ありがとうございました。

 

大阪 八尾 東大阪 リフォーム、新築、増改築
株式会社Midori

0120-09-1670
メールでのお問い合わせはコチラ
あなたのお悩みリフォームのプロにご相談ください
資料請求・お問い合わせ 0120-09-1670 体験型ショールームのご予約はこちらから