2018年06月

2018.06.27

7/1(日)休業日のお知らせ

 

0120-09-1670
メールでのお問い合わせはコチラ
あなたのお悩みリフォームのプロにご相談ください

2018.06.22

リフォームの参考になるショールーム

ショールームは、リフォーム業者や住宅設備の企業が自社の商品を見てもらうために設置する場所のことです。これからリフォームを考えている人にとって、どんな風な仕上がりにしたいかイメージしやすいメリットがあります。今回は大阪でリフォームの参考になるショールームの活用法を紹介します。

ショールームで最初にするべきこと

大阪にはショールームがあるリフォーム業者がいくつもあります。まずは、カタログを見て製品を絞り込むところから始めましょう。当日は、事前に絞っておいたポイントを中心に見ていくこと、後でチェックできたかどうかの確認をすることも大事です。大阪のショールームは予約が必要なお店が多いので、空いている時間に行けるかどうかも見ておきましょう。

自宅の図面を用意して持参すると、希望する用品のベストサイズの製品を選んでもらうことができます。施工したい場所を撮影している写真があれば、配置だけでなくカラーコーディネートの参考にもなります。欲しい製品や比較したい製品が掲載されているものは、アドバイスを受けるときや相談するときに便利です。

当日の服装にも気を付けましょう。床暖房や素材の温度を知るためには、靴を脱いで直で触れる必要があります。着脱しにくい靴を履いていると不便なので、スニーカーのように着脱しやすいシューズがおすすめです。実際に見るところが多い場合は、疲れにくい動きやすい服装にしましょう。

ショールーム活用術

リフォームするときに重視したいのは、見た目よりも使い心地です。もちろん家を一新するという意味でデザインにこだわることも大事ですが、施工する前よりも施工した後の方が住みにくいと意味がありません。古い住宅設備を使っているときは、最新式の機能と比較して使いやすいかどうかを確認しておきましょう。

ショールームには専門家がいて、相談できる体制になっているのが普通です。プロならではのアドバイスをくれるので失敗しにくいメリットがあります。基本的に無料なので、一回で決めるのではなく何度も通ってじっくり精査することがおすすめです。

直接足を運ぶと分かりますが、パンフレットで見るのと実際に見るのでは大きく違います。イメージと実物にどれくらいの差があるのかというのも重点的に見ておきたい部分です。これがショールームの強みであり、リフォームで失敗しないためのコツになります。

参考見積もりをもらう

はっきりしたプランがなかった人でも、会場に足を運んで実物を見ると全体的なイメージ像ができてきます。思うままのリフォームができるのであれば良いのですが、予算不足だと意味がありません。それぞれの価格はカタログにも記載されているものの、どんな組み合わせになっているのは把握が難しいところです。

ショールームなら、一つ一つの仕様を参考にしながら理想の家にするためにかかる費用の見積もりを出してくれます。住宅設備や建材の見積もりであり、取り付け費用や補修工事にかかる費用などは含まれないものの、施工予算をプランニングする上では欠かせない情報です。

細かい見積もりを出してもらえば、予算オーバーになっても除外するものが見えやすいメリットがあります。大阪には数多くの業者がいるので、見積もりをいくつかの業者でとってもらい、比較してベストなリフォーム業者選びをする方法もあります。選定プラン資料と参考見積もりをリフォーム計画にするとよいでしょう。

まとめ

いかがでしたか?大阪でリフォームを検討しているなら、ショールームをしっかり活用しましょう。大阪には有名メーカーから地域密着型の業者まで、さまざまなタイプの業者がいます。それぞれの業者で強みにしているものは違うので、しっかり比較して参考にしていきましょう。

0120-09-1670
メールでのお問い合わせはコチラ
あなたのお悩みリフォームのプロにご相談ください

2018.06.15

6/17(日)休業日のお知らせ

 

0120-09-1670
メールでのお問い合わせはコチラ
あなたのお悩みリフォームのプロにご相談ください
資料請求・お問い合わせ 0120-09-1670 体験型ショールームのご予約はこちらから