2019年09月

2019.09.17

9/23(月)休業日のお知らせ

 

0120-09-1670
メールでのお問い合わせはコチラ
あなたのお悩みリフォームのプロにご相談ください

2019.09.17

大阪市内で戸建てのリノベーションを行う際の注意点は?

みなさん、こんにちは!毎日、元気に住まいづくりのお手伝いに頑張っているMidoriです。

世の中の進歩って目覚ましいと思いませんか。新しい技術が開発され毎日のようにさまざまな新商品が登場しています。人生最大の買い物といわれる戸建住宅には、さまざまな技術が惜しげもなく使われ、それがみなさまの生活を豊かにしてくれるのです。しかし、そんな最先端技術も時の流れにはかないません。いつまでも快適に暮らしていくには定期的なリノベーションが必要なのです。

今回は、大阪市内でリノベーションを検討される方にぜひ知っておいてほしい注意点について説明しています。今、まさにリフォームを計画している方も、数年後に予定されている方も知っておいて損のない情報ですからぜひ最後までご覧ください。

大阪市の人口推移と住宅事情

国勢調査を元にしたデータでは、大阪市の人口は、平成30年には272万5,006人、前年対比でおよそ0.4%、人口にすると1万1,849人増加しています。少子高齢化が問題になり、人口減少に頭を悩ませる自治体が多い中、大阪市は順調に人口を増やし続けているのです。

人口推移を見てみると、昭和60年に一旦ピークを迎えましたが、平成12年からはふたたび増加に転じ、それ以来、人口は増え続けています。人口が増え続けるということは、戸建て・マンションに限らず住宅の供給量も増えていることになります。住まいサーフィンのデータによれば、新築マンションの場合、2012年と2016年を比較すると、すべての区で坪単価は上昇しているとのことです。

次に、住宅ストックの状況について見てみましょう。住宅ストックとは、すでに建築が終了している既存の住宅のことです。大阪市の発表によれば、昭和53年当時85万8,000戸だった住宅は、平成20年には126万2,000戸にまで増加しています。ここでも人口の増加にともなって住宅の供給数が増加していることがわかります。このように、大阪市は住宅地としても人気のある街であることから、新築物件を購入するよりもリフォームによって住環境を改善したほうが安くすむと言えるのです。

ここに注意!後悔しないポイントとは?

いちばん大切なことは、事前に行うプランニングです。一旦、骨組みの状態にまで戻す大規模なリフォームである全面改装の場合、間取りや住宅設備などある程度自由に設定することができますが、これは、柱で住宅を支えている住宅に限ってのことです。壁と床、天井で支えている2×4やプレハブの場合、スケルトン工事は可能でも、大規模な間取り変更などはできません

また、一旦、工事が開始されてからの追加注文は別料金になってしまうことがあります。水回りにおけるシンクやバスタブの位置、寝室のウォークインクローゼットの配置など大掛かりなものはもちろん、キッチンにおけるガス栓の位置やリビングのコンセント数など細かな点にも注意し、後悔しないように十分に考えて決めるようにしましょう。

満足の行くリノベーションとは

リフォームとリノベーションの違いについてMidoriでもよく聞かれるのですが、リフォームが古くなった設備を元の状態に戻すことを指すのに対して、リノベーションは、より住みやすくするという意味で使われることが多いのです。最新式の設備に取り替えることもそうですが、バリアフリーなどの導入もリノベーションに該当します。

国土交通省のデータによれば、大阪市内で一定のバリアフリーを導入している住宅は全体の17.5%、車椅子の通行にも対応している高度なバリアフリーを導入している住宅は4.4%となっています。さらに、65歳以上の高齢者がいる世帯を対象にすると、高度なバリアフリーを導入している住宅の比率は26.1%、5.5%にまで上がるのです。これは、全国の平均値と比べても決して少ない数字ではありません。

リノベーションは、住宅を今より住みやすくするために行うものですが、数年先、十数年先を見据えたプランニングすることも結果として満足の行くリノベーションにつながるのです。

いかがでしたか。今回は大阪市内で戸建てのリノベーションを行う歳の注意点について説明してきました。Midoriは、八尾市、大阪市、東大阪市を中心に地元に密着したサービスを心がけているリフォーム会社です。それぞれのお客様に対し、専属のアドバイザーを設けさせていただいています。面倒なプランニングも、お客様と一緒になってご提案させていただいているのです。

後悔しないリノベーションを行うためにも、ぜひ一度、Midoriまでご気軽にご相談ください!

0120-09-1670
メールでのお問い合わせはコチラ
あなたのお悩みリフォームのプロにご相談ください

2019.09.09

東大阪で一戸建ての全面改装(リフォーム)の費用・相場について

みなさま、こんにちは!快適な住まいづくりのお手伝いに日々励んでいるMidoriです。東大阪でリフォームを検討中の方に、とっておきのお役立ち情報をお届けしていますので、ぜひ参考にしてください。

一戸建ては、人生において最大の買い物とも言われるほど大きな財産になりますが、反面、長く快適に暮らすにあたっては、適切なリフォームが必要になってくるのです。数年おきに見直す必要がある部分的な改修とは別に、柱や壁、天井といった基礎的な全面改修を行うには、それなりの予算を用意する必要があります。また、全面改装を円滑に行うにはある程度の知識も必要になってきます。今回は、東大阪でリフォームを行うにあたっての費用の相場や事前に知っておきたいポイントなどについてわかりやすく説明します。

リフォームのタイミング

リフォームといっても、浴室やトイレといった部分的な改装と、壁や柱、床材や天井といった家全体に対して行う全面改装(フルリフォーム)では、当然、費用や期間の面で違いが出てきます。リフォームを検討しているお客様から聞かれる質問にリノベーションとの違いについてというものがあります。長期に渡って使用してきたことによる不具合や素材などの老朽化によって生じてしまった不具合を改善し、本来あるべき姿に戻す工事がリフォームであるのに対し、リノベーションは、既存の住宅に新しい機能を追加するなど、住環境をより快適なものにするために行われます。リフォームとリノベーションには、明確な線引きはないため、施工会社によって工事内容が違うこともあるのです。

リフォームというのは、老朽化などによって住宅の機能に支障が生じたことにより行います。住宅で使用される建材や器具には耐用年数が設定されていて、ひとつの目安にできます。外壁の剥がれや内壁のひび割れ、水回りの不具合などは、ほとんどの場合、使用された建材や器具の老朽化によるものです。こういった不具合が複数重なった時、住宅全体が耐用年数を迎えつつあると考え、全面改装を検討される方が多いのです。

東大阪のリフォームの相場はどのくらい?

全面改装にかかる費用ですが、業者に支払う料金は材料費、施工費、諸経費に分けられます。この中で、施工主が具体的に予算を検討できる部分は材料費の部分です。浴室のバスタブやシャワー機能、トイレの便器や洗面台などの水回りのパーツは日々進歩していますから、老朽化による取り替えといっても、すでに同じタイプの製品の製造が終了しているケースがあり、その場合は新商品の中から選ぶ必要があります。また、壁や床材についても、防音設備の有無や断熱材の質などによって価格は変わってくるのです。

リフォーム会社紹介サイトのホームプロのデータによれば、東大阪の一戸建ての全面改装にかかる費用はもっとも中心となる価格帯が500~750万円で全体の20%を占めており、次いで250~500万円、3位が250万円以下で、これらの合計で全体の半数を占めています。

リフォームを行うにあたって知っておきたいポイントとは

全面リフォームを行うにあたって、もっとも注意すべき点は施工業者選びです。材料費などに関しては施工主の判断で予算を変更できますが、人件費を含む施工費や諸経費は、すべて業者ごとに決まっており施工主の意見が反映されることはあまりありません。全面改装を行う場合、状況によっては一時的に転居する必要性があります。東大阪の場合、賃貸物件の家賃やトランクルームの料金もそれなりの予算を用意する必要があるので、リフォーム代金はできるだけ抑えたいところです。そのためにも、最初の業者選びは慎重に行いましょう。

全面リフォームに際し、家人の高齢化や同居予定のある父母のためのバリアフリー化や、災害対策の一貫として耐震・免震システムの導入を検討される場合もあると思います。国や自治体によっては、こういった取り組みに対し助成金を交付してくれる場合があります。必要としているリフォームに公的な補助金や助成金が利用できないかあらかじめ確認しておく必要があるのです。また、地方自治体によっては、特別な取り組みでなくても、単にリフォームをするだけで補助金を受けられる場合もあります。多くの場合、これらの補助金は予算上限が決められているためリフォームの開始時期にも注意しましょう。

東大阪で長年にわたりリフォーム業を営んできたMidoriは、たくさんのお客様に満足していただいてきた実績があります。大阪府八尾市、大阪市、東大阪市と地元に密着した営業を続けているため、地域の情報に精通しており、他社にはない地域ファーストのご提案が可能です。東大阪で全面改装を検討中の方は、ぜひ一度、八尾市本社にあるMidoriのショールームにお越しください。もちろん、ホームページよりメールや電話でのご相談も随時受け付けていますので、お気軽にお尋ねください!

0120-09-1670
メールでのお問い合わせはコチラ
あなたのお悩みリフォームのプロにご相談ください

2019.09.09

9/15(日)・16(月)休業日のお知らせ

 

0120-09-1670
メールでのお問い合わせはコチラ
あなたのお悩みリフォームのプロにご相談ください
資料請求・お問い合わせ 0120-09-1670 体験型ショールームのご予約はこちらから