2019年06月

2019.06.30

7/7(日)休業日のお知らせ

 

0120-09-1670
メールでのお問い合わせはコチラ
あなたのお悩みリフォームのプロにご相談ください

2019.06.19

6/23(日)休業日のお知らせ

 

0120-09-1670
メールでのお問い合わせはコチラ
あなたのお悩みリフォームのプロにご相談ください

2019.06.17

大阪でトイレのリフォームを依頼する際の注意点は

みなさま、こんにちは! 大阪府八尾市を拠点に快適な住まいづくりのお手伝いに励むMidoriです。八尾市を中心に、大阪市・東大阪市にお住まいでリフォームをご検討の方に、役立つ知識や耳寄りな情報などをお届けしています。

トイレはリフォームの中で需要が高く、メーカー側はより衛生的でより使いやすく、より快適なものを常に発表しています。機能性やデザイン性が重視されるトイレのリフォームですが、中古物件ではトイレの水洗化が必要となることもあります。今回は、最新のトイレのリフォーム情報と共に、トイレのリフォームを行う際の注意点をまとめてみました。

水洗トイレのトレンドはデザイン性とさらなる機能性の追求

トイレは誰もが毎日使う場所であり、生活する上で必要不可欠な設備です。しかし、衛生上の問題や匂い・音などへの配慮から、住居の中では目立たない場所に配置され、設備についても必要最小限のものがあれば十分とされてきました。しかし、水洗トイレが一般の家庭に普及するとともに、おしりの洗浄機能や便座の暖房機能など、様々な機能性が追加されるようになったのです。

トイレの機能性が重視されるようになると、快適さも求められるようになってきました。最近では、掃除がしやすく見た目もシンプルなタンクレスタイプが登場し話題となっています。また、機能面では節水が可能な水洗トイレや、洗浄力を追求したトイレなどもあります。機能性が向上して居心地がよくなったことで、トイレにも個性あるデザインが求められるようになり、こだわりある内装リフォームのニーズとして高まっています。

このように、トイレの機能性やデザインが豊富となり、リフォームの際にもさまざまな選択が可能となっています。もちろん、どんな機能を追加するか、デザインをどうするかによって、費用も大きく変わってきます。トイレのリフォームを検討するときは、どんなリフォームにするかを決めつつ費用を確認する必要があるでしょう。

水洗トイレのリフォームのポイント

水洗トイレのリフォームは、風呂やキッチンなどとともに実施例の多いリフォームですが、リフォームのタイミングはいつごろでしょうか?また、リフォームの理由にはどういったものがあるのでしょうか? トイレのリフォームのタイミングや実施理由などについてまとめてみました。

・水洗トイレのリフォーム時期は10年が目安
トイレの便器は陶器製で丈夫なため、耐用年数は数十年と言われています。しかし、風呂やキッチンなどと同じく、トイレは水を多く使う場所です。このため、設置から10年が、点検や修繕のタイミングと考えていいでしょう。

・トイレのリフォームを検討する際のポイントは、「便座」と「床」、そして「壁」
トイレのリフォームを検討するにあたっては、まず自分の目でチェックしてみましょう。その際のチェックポイントは、①タンクを含めた便座、②床、③壁です。特に便座にヒビやキズがある、タンクや水道管、便座の周辺に水漏れがあるなどの問題点が確認出来たときは、便座の交換を含めたリフォームを検討する必要があります。また、床や壁は経年劣化の他、汚れや匂いが気になるなら、床のマットや壁紙の張り替えをおすすめします。これらの3点を確認して、それぞれの費用がどの程度かかるかを求めていくことになります。

・トイレでもニーズの多いバリアフリーを目的としたリフォーム
住宅に住んでいる人の中で介護が必要な人がいる場合には、バリアフリーを目的としたトイレのリフォームが必要となります。床の段差をなくす、手すりを付けるなどが対象となります。また、扉を開き戸から引き戸にする、手洗いの設置なども、バリアフリー化の工事に含まれます。なお、バリアフリー化を目的としたリフォームは介護保険が支給される場合もあります。リフォーム費用の負担軽減に繋がりますので、介護保険が適用される条件や工事内容、手続きについて、地域包括センターの担当者や地方自治体の福祉課に相談・確認してみましょう。

トイレの水洗化は自治体ごとに確認が必要

中古住宅の中には、トイレの水洗化のためのリフォーム工事が必要になることがあります。トイレを水洗化する場合、下水道への接続などが必要なため、地方自治体が指定する業者に工事を依頼するなど、所定の手続きが必要な場合があります。トイレの水洗化を検討する場合は、お住まいの地方自治体に必ずご確認ください。なお、トイレの水洗化にあたっては、水洗化工事の費用負担を軽減するため、工事費の借入に対する利子の補填や助成金交付などの支援制度を設けている地方自治体もあります。

このように、トイレのリフォームにあたっては、各メーカーが取り扱う最新商品をチェックすることをおすすめします。また、リフォームの内容に基づいて工事費用の概算を求めると共に、利用可能な公的支援制度を確認して、どこまで負担軽減が可能か、またどういった手続きが必要かについて、事前に調べておきましょう。

大阪府八尾市のMidori本社に隣接しているショールームには、トイレのリフォームをご検討中の方のため、各メーカーの商品サンプルやカタログを取り揃えています。八尾市を中心に、大阪市・東大阪市の長年リフォームを取り扱ってきた豊富な実績がありますので、下水設備に関する各地域の詳細も十分把握しており、トイレのリフォームも数多く手掛けています。社員一人がお客様の専属アドバイザーとなり、リフォームの計画段階からアフターケアまでしっかりサポートします。まずはMidoriのショールームや、ホームページより電話・メールでの無料相談も受付していますので、お気軽にお問い合わせください!

0120-09-1670
メールでのお問い合わせはコチラ
あなたのお悩みリフォームのプロにご相談ください

2019.06.12

6/16(日)休業日のお知らせ

 

0120-09-1670
メールでのお問い合わせはコチラ
あなたのお悩みリフォームのプロにご相談ください

2019.06.10

大阪で全面リフォームをする際の相場は?

みなさま、こんにちは! 暮らしやすい住まいづくりのお手伝いを目指すMidoriです。
本社のある八尾市を中心に、大阪市・東大阪市でリフォームをご検討中のみなさまに、役立つ情報や耳寄りな話題をお届けしています。

中古物件を求める方の中で、住宅購入後に自分たちの生活スタイルや好みに合わせたリフォームを行う例は少なくありません。また、長年暮らしてきた住まいのリフォームをまとめてやろう、とお考えの方も多くいらっしゃいます。このような「全面リフォーム」を実施する場合、費用はどれくらいかかるのでしょうか? 今回は、全面リフォームを実施するにあたっての費用のポイントや、知っておきたい情報についてまとめました。

全面リフォームの費用は物件によって異なる

リフォームの費用は、「リフォームの内容」と「リフォームの規模」によって決まります。例えばキッチンや風呂、トイレなど、特殊な機能が必要な場所は、求める設備内容によって費用が変わります。また、床や壁は、リフォームの内容とリフォームを実施する面積によって費用が変わります。しかし、全面リフォームの場合、屋内の配管や配線関係をどうするのか、さらに戸建ての場合は外壁や屋根、家屋周辺の外構部分をリフォームするかなどが加わってきます。
一戸建てにおける「全面リフォーム」とは、

① 屋内の壁紙や床の張り替えを全面的に行う
② ①に加えトイレや風呂、キッチンなどの屋内設備をすべてリフォームする
③ ②に加え外壁や天井、窓やサッシなどをリフォームする
④ 柱のみを残してすべてをリフォームする場合
⑤ 外周部分のみを全面的に行う場合

などが考えられます。いずれも家屋全ての部屋を対象としているという点では「全面リフォーム」になりますが、その内容や規模は異なりますし、当然費用も変わります。

全面リフォームの費用を決めるには、リフォームの内容と規模を十分検討しておくことがポイントです。そしてその内容や規模は、個々の物件状況や、リフォームに求める機能や利便性によって決まります。したがって、リフォームの計画段階から専門家の意見を参考にするなど、十分な計画と調査が必要になってきます。

全面リフォームの場合に発生する諸経費に注意

家屋の一部だけが対象となる部分リフォームと違い、全面リフォームの場合は住人が一時的に退去しなくてはならないこともあります。また、家財道具や荷物なども家の外に運び出しておく必要があります。リフォーム期間中の仮住まいへの引っ越しの費用や借料、家具や荷物の保管先手数料などの発生が見込まれます。

また、リフォーム期間中にも発生する、住まいに関わる契約についてもどのようにするか考えておく必要があります。水道や電気、ガスなどは、一時的に停止することも可能ですが、基本料金が必要な場合もあります。見落としがちですが、電話やインターネットなどの通信に関わる契約についても、リフォーム期間中にどう利用するかを検討しておく必要があります。

全面リフォームの資金計画はローンや補助金をうまく活用しよう

全面リフォームは普通のリフォームよりも規模が大きくなり、費用もかかります。資金面の負担を少しでも軽減したいとお考えの方には、国や地方自治体が実施する、リフォームに対する補助金制度や税金控除制度の活用を検討してみるといいでしょう。

リフォームに対する補助金や税金控除を受けるにあたっては、適用を受けるリフォームの内容を満たしていることが条件となります。また、補助金受給には審査に合格する必要があり、資料や書類を作成し提出しなければなりません。そういった手間がかかるものの、全面リフォームの中でバリアフリーや省エネ対策、耐震対策などを目的とした工事が含まれる場合には、補助金申請を行ってみるといいでしょう。


Midori
では、社員一人が専属アドバイザーとしてお客様の対応にあたります。全面リフォームについても、検討段階から、実際の工事から完成、引き渡し、その後のアフターケアまで責任を持って行います。また、リフォーム中に使わない家具などをお預かりする「リフォーム荷物預かりシステム」など、お客様のサポートを行うサービスを実施しております。全面リフォームをご検討中で、費用やリフォームの内容、工事期間など、ご不明な点や気になることがあれば、大阪府八尾市にあるショールームや、ホームページより電話・メールでのご相談も受付しておりますので、お気軽にお尋ねください!

0120-09-1670
メールでのお問い合わせはコチラ
あなたのお悩みリフォームのプロにご相談ください
資料請求・お問い合わせ 0120-09-1670 体験型ショールームのご予約はこちらから