2017年03月

2017.03.31

4/2(日)休業日のお知らせ

0120-09-1670
メールでのお問い合わせはコチラ
あなたのお悩みリフォームのプロにご相談ください

2017.03.28

大阪の皆さん!部屋環境を良くして健康に暮らしませんか?

  皆さん、こんにちは。

日々の暮らしに「快適な空間」をお届けするMidoriのショールーム担当の喜多です。
大阪でリフォームをお考えの方、必見です

当社では、お客さまの生活に寄り添い、快適な空間つくりを提案していきます。
キッチンやトイレのリフォームから、お部屋全体のリフォーム、全面改装工事まで、
すべてお任せください。

今回も、暮らしをもっと快適に、便利に過ごすためのリフォームアイディアを
ご紹介いたします。

前回は、二世帯住宅で快適に暮らすポイントをお話しさせていただきました。
快適に暮らすためには、最初の話し合いが最も大切です。
理想の家を一緒に作り上げていきましょう。

今回は、健康に暮らせる住宅のポイントをお伝えします。
現在アレルギーやアトピーで悩まれる方が増えてきています。
そのような方たちはもちろん健康に暮らしたい方は是非参考にしてください。

○空気環境
 現在の日本の建物は昔と違い、合板やビニールクロス等の化学物質材料を
使用することが増えました。そのため体内に溜め込む化学物質の量が増えてしまい
、シックハウス症候群や化学物質過敏などの健康障害を引き起こしてしまいます。
健康障害を引き起こさない為にも、自然派住宅や天然素材に
こだわった家にするのもオススメですが、まずは換気を徹底するよう
にしましょう。換気を行うことで、空気の質が良くなりアレルギーや
アトピーの方でも安心して暮らすことができます。機械換気を利用すると、
24時間「計画的な換気」を行うことができ、温度や湿度も調節できる
ので窓を開けて行う換気よりも効率的に行えます。


○湿度環境
 一般的に湿度20~40%で「風邪注意」、40~60%で「快適」、
65%以上で「食中毒注意」と言われ、高すぎても低すぎても健康に
影響が出てしまいます。湿度を調整するのに使われているのが除湿器や
加湿器ですが、機械を使わないで快適な湿度にする方法もあります。
簡単な方法としては、乾燥しているときは洗濯物を室内に干したり、
お湯を沸かしたりするだけでも湿度は上がります。
逆に湿度を下げたいときは換気をしたり、炭を置くと良いでしょう。
また、壁などに漆喰や珪藻土のような調湿性にすぐれたものを塗るのもおすすめです
 

○熱環境
 夏も冬も快適に暮らすためには、窓や壁の断熱対策をしっかり行いましょう。
そうすることで、外気の影響を受けにくくなり部屋の温度が保たれ、
それにより結露を抑えたり、省エネ効果につながったりします。
日本は北南に長細い国なので、自分の地域に合った対策をすることが大切です。
例えば寒い地域は窓を大きくし日光を十分に取り入れ、暖気が逃げないように
二重窓などの対策を行います。暑い地域は、空気の通り道を確保ししっかり
換気ができるようにしたり、紫外線カットの効果のある窓を設置したりします。
住んでいる地域や何を重点的に対策したいかで方法は変わってきます。
   
些細な疑問でも構いません。気になることがあれば是非、Midoriにご相談ください

当社では、お客さまの生活に寄り添い、様々な気になる点をすべてクリアにし、
快適な空間作りを提案していきます。また、お家をリフォームする際に
今のご自宅にある荷物をどうしておくか悩みますが、

当社ではリフォーム工事中のお客様の使用しないお荷物を、工事期間中無料でお預かりしていますので、
ご安心ください。

今の生活を乱すことなく、短い工期でお客様のよりよい生活空間作りを目指します。
大阪でリフォームをご検討中なら、是非、Midoriにお気軽にご相談下さい。
0120-09-1670
メールでのお問い合わせはコチラ
あなたのお悩みリフォームのプロにご相談ください

2017.03.19

大阪の皆さん!二世帯住宅でも快適に暮らすために大切なことは何だと思いますか?

 皆さん、こんにちは。

日々の暮らしに「快適な空間」をお届けするMidoriのショールーム担当の喜多です。
大阪でリフォームをお考えの方、必見です

当社では、お客さまの生活に寄り添い、快適な空間つくりを提案していきます。
キッチンやトイレのリフォームから、お部屋全体のリフォーム、
全面改装工事まで、すべてお任せください。
今回も、暮らしをもっと快適に、便利に過ごすためのリフォームアイディアを
ご紹介いたします。

前回は、長く快適に暮らすためのポイントをお話しさせていただきました。
基本性能を備え、快適な空間にしましょう。

今回は、二世帯住宅で快適に暮らせるポイントをお伝えします。
二世帯住宅を考えている方は是非参考にしてください。

 

○二世帯住宅の現状
 最近二世帯住宅にする人が増えています。その理由としては
「子世帯が共働きのため子供の面倒を見てもらいたいから」
「親世帯の老後が心配だから」「子世帯の収入が不安定だから」など
  様々な理由が挙げられます。二世帯住宅のメリットは「安心感がある」
「建設費用が抑えられる」などがあり、デメリットは
「プライバシーがない」「生活リズム・スタイルが違う」などが
  あります。このデメリットをどう解決するかで、二世帯住宅に
  住み始めた後の快適さに違いが出てくるでしょう。

○自分たちに合った生活スタイルを選ぶ方法
   どうすればどちらの世帯もストレスを感じず、快適に暮らすことが
   できるのでしょうか。
    まずは、お互いがどのくらいの距離を保ちたいのかを話し合います。
    完全に距離を置きたいのか、子世帯が共働きなので親世帯に子育てを
    手伝ってほしいのか、勝手に決めるのではなくお互いが理解し、
    了承を得て決めましょう。


次に、お互いの生活スタイルを伝え分離したい空間を選びます。
子世帯に小さいお子さんがいる場合はその子が成長した時のことも
視野に入れましょう。共有する空間があるときは、話し合いの際に
ルールなどを決めておくと後々嫌な思いをせずにすみます。
最後に配置を決めます。自分たちで決めるのが難しい方は、
業者の方の意見を聞いて再度家族で決めます。配置に関しては、
「日当たり」「上階の騒音」「設置費用」などの問題を解決しなければ
いけないので、納得するまで話し合いましょう。
○二世帯住宅の種類
 一つ目は同居型二世帯住宅です。寝室のみを分け、その他の玄関や
  キッチンなどは共有するタイプです。
  寝室を分けるだけなのでリフォーム費用が抑えることができるが、
  プライベート空間がなくなるので、寝室を広く作りリビングルームとしても
  使うなどの工夫をする必要があります。
 
 
  二つ目は、共用型二世帯住宅です。玄関は共有し、他の空間を
生活スタイルによって共有するか分離するか選択できるタイプです。
食事を摂る時間が一緒ならばダイニングは共有し、入浴する時間が
違うのならば分離するなど、お互いの生活スタイルを考慮しながら
決められますが、子供が成長するごとに生活スタイルは変化するので、
その辺も視野に入れて考えましょう。
 
 
  三つ目は、独立型二世帯住宅です。玄関からすべての空間を分離する
タイプです。完全に分離するためプライベート空間は守られますが、
工事期間と費用が他の二世帯住宅よりもかかってしまいます。
二世帯住宅にしてもお互いがストレスなく快適に過ごすためには、
しっかりと話し合うことが大切です。
 
おろそかにしてしまうと後々後悔することになってしまいます。
二世帯住宅にしたいが「こういう要望は叶えられるのか」
「この土地の広さでどこまでできるのか」些細な疑問でも構いません。

当社では、お客さまの生活に寄り添い、様々な気になる点をすべてクリアにし、
快適な空間作りを提案していきます。また、お家をリフォームする際に
今のご自宅にある荷物をどうしておくか悩みますが、
当社ではリフォーム工事中のお客様の使用しないお荷物を、工事期間中無料でお預かりしていますので、

ご安心ください。

今の生活を乱すことなく、短い工期でお客様のよりよい生活空間作りを目指します。
大阪でリフォームをご検討中なら、是非、Midoriにお気軽にご相談下さい。
0120-09-1670
メールでのお問い合わせはコチラ
あなたのお悩みリフォームのプロにご相談ください

2017.03.18

3/20(月)休業日のお知らせ

 

0120-09-1670
メールでのお問い合わせはコチラ
あなたのお悩みリフォームのプロにご相談ください

2017.03.13

大阪の皆さん!快適に暮らすためのポイントはご存知ですか?

  皆さん、こんにちは。

日々の暮らしに「快適な空間」をお届けするMidoriのショールーム担当の喜多です。
大阪でリフォームをお考えの方、必見です

当社では、お客さまの生活に寄り添い、快適な空間つくりを提案していきます。
キッチンやトイレのリフォームから、お部屋全体のリフォーム、
全面改装工事まで、すべてお任せください。
今回も、暮らしをもっと快適に、便利に過ごすためのリフォームアイディアを
ご紹介いたします。
前回は、耐震リフォームの流れと【補助金・助成金・減税】について
お話しさせていただきました。
地震から家を守るために耐震リフォームをしませんか。
興味がある方はお早目のご相談をおすすめします。
今回は、長く快適に暮らすためのポイントをお伝えします。
毎日を過ごす家だからこそ快適に暮らしたいですよね。
そこで、快適に暮らすためにはどのような点に気を付ければいいのかをお話しします。

○基本性能
 長く快適に暮らすために欠かせないのが基本的な性能です。
基本的な性能の例として「防音」「耐久性」「耐震性」「耐熱性」などが挙げられます。
耐久性や耐震性がしっかりしていると、いざ地震などの自然災害が
起こった時も安心できます。防犯や防音もしっかり対策をとることで、
日常生活も安心して過ごすことができます。この基本性能が今だけではなく、
40年後も50年後もなくてはいけません。
そのため10年ごとにでも家の健康診断と思い、メンテナンスを
しっかり行うようにしましょう。

  

○空間
 家族の人数や家の立地面積によって部屋数などは異なりますが、
1部屋でも広い空間を作り出しましょう。
「部屋の数を減らしたくない」「元々そんなに広い家ではないから無理だ」
と思われる方もいらっしゃると思いますが、工夫次第で空間を作り出す
ことはできます。
 例えば、階段や廊下に壁を作らずに部屋と一体化し、キッチンと
リビングをつなげることで空間を広くすることができます。
部屋の数を減らしたくない場合は、スキップフロアの構造を取り入れること
も工夫の1つです。スキップフロアとは、簡単に言うと中2階を作る
ことを言います。広い空間を作ることで、家族みんなで集まり話を
したりテレビを見たりと団欒の時間を設けることができます。
どこか1部屋でもみんなが集まれるような部屋を作り出し、快適に過ごしましょう。

 

○風通し・光
 いかに家の中に光を取り込めるかによって、日中の明るさや
光熱費が変わってきます。光を取り込むために窓を大きくすればいい
というわけではありません。小さい窓でも光は入ってくるし、窓が
設置しにくい場所はガラスを設置すると光が反射して部屋が明るくなります。
他にもリビングは、隣接する建物の関係もありますが吹き抜けにして
2階から光を入れることが可能です。
 風の通り道を作るためには、違う方向に2ヶ所窓があり、高低差が
あるとより効果的と言われています。同じ大きさの窓を作る必要はなく、
開閉できる小さな窓でも十分風は通ります。プライバシーを確保する
ために、「窓の大きさ」「設置場所」に気を付けましょう。
長い年月を過ごす家だからこそ毎日を快適に暮らしていきたいですよね。
「ここが暗いから窓を設置したい」「費用はどのくらい」などのご相談も
随時受け付けておりますので、お気軽にご相談ください。

 

当社では、お客さまの生活に寄り添い、様々な気になる点をすべてクリアにし、
快適な空間作りを提案していきます。また、お家をリフォームする際に
今のご自宅にある荷物をどうしておくか悩みますが、

当社ではリフォーム工事中のお客様の使用しないお荷物を、工事期間中無料でお預かりしていますので、
ご安心ください。

今の生活を乱すことなく、短い工期でお客様のよりよい生活空間作りを目指します。
大阪でリフォームをご検討中なら、是非、Midoriにお気軽にご相談下さい。
0120-09-1670
メールでのお問い合わせはコチラ
あなたのお悩みリフォームのプロにご相談ください

2017.03.03

3/5(日)休業日のお知らせ

 

0120-09-1670
メールでのお問い合わせはコチラ
あなたのお悩みリフォームのプロにご相談ください
資料請求・お問い合わせ 0120-09-1670 体験型ショールームのご予約はこちらから