2018年12月

2018.12.20

12/24(月)休業日のお知らせ

 

0120-09-1670
メールでのお問い合わせはコチラ
あなたのお悩みリフォームのプロにご相談ください

2018.12.20

冬季休業期間のお知らせ

 

0120-09-1670
メールでのお問い合わせはコチラ
あなたのお悩みリフォームのプロにご相談ください

2018.12.14

大阪でリフォームする失敗パターンと成功パターン

 みなさま、こんにちは! 快適で暮らしやすい住まいづくりをお手伝いしているMidoriです。
東大阪を中心に、八尾・大阪に密着したリフォーム・リノベーション専門として、みなさまの住まいに役に立つ話題や情報をお届けします。

「値切り」の文化がある大阪では、当然、リフォームでも「安さ」は重要なポイントです。Midoriでは、価格について十分ご納得いただける内容を、お客様のご予算に応じて提案いたしております。しかし、中には、安いことを追求するあまりに無理な価格交渉を行い、結果として不満が残るリフォームになったとか、欠陥工事を招いてしまうという例もあります。
今回は、リフォーム前段階での失敗例や、上手なコストカット例を紹介。
リフォームを成功に導く交渉のポイントについてお話しします。

知っておきたい リフォームにおける「価格」の内訳

リフォームの価格は、「どんなリフォームをやりたいか」によって相場を知ることができます。特に需要の多いお風呂や台所などの水回りのリフォームでは、リフォーム内容と設置費用を一式としています。また、床や壁、天井のリフォームなどは、リフォーム内容とともに施工対象の面積に比例して総額が変わってきます。

相場を知るには、複数のリフォーム業者の見積もりを比較してみるのが一番です。無料見積もりをやってくれるところも多いので、まずは見積もりを取ってみましょう。するとその際、価格が安いところ、あるいは逆に高いところがある場合は、内訳項目や工程別の価格などを細かくチェックすると、価格差の違いがある箇所がわかります。特に、他の見積もりにない項目や価格差がある項目などは、作成した業者に詳細を聞いてみましょう。そこで納得いく説明がしてもらえたら、価格の違いも理解できるでしょう。

こうした見積もり合わせで各業者を比較しながら業者を決めていきます。その際は、価格に加え、希望する工期に沿った施工が可能かどうかや、施工中の家具の預かりサービスやアフタ-サービスの充実ぶりなどを総合的に検討していくことになります。

やってはいけない リフォームの交渉失敗例

リフォームの内容を決めて見積もり合わせをしていく中で、お客様もやりたいリフォームの相場や価格の内訳について、一定の知識を得ていきます。リフォームを依頼する業者を絞り込む頃には、業者側もお客様のご要望をおおむね把握できています。そして見積もり合わせを含めた連絡の中で、お客様と業者との間で信頼関係を構築させていただくことになります。やりとりには価格の話も含まれますが、この段階に至るまでの交渉でよくある失敗例は、次のようなものがあります。

・他社の安い見積もりを引き合いに出す
電化製品の量販店などでは「他店より1円でも高ければお安くします!」という販売方法を実施しているところもあります。しかし、見積もり合わせで提示された他社の金額を引き合いにして、「A社の方が安い。もっと安くしてくれ」という価格交渉は有効ではありません。

見積もりは、各リフォーム会社によって変化します。建材は、調達ルートや在庫の有無によって価格は変わりますし、施工の際の人件費も、ベテランの職人を数多く確保することが前提なら高くなります。そういった各社の状況を考慮せずに、安さだけを比較すると、施工内容の質の低下に繋がりかねません。

・強引な値引きを要求する
見積もり合わせや無料の見積もりサービスでは、リフォームの内容やおおよその面積などの情報を元に見積もりを行っています。最終的な見積もりは、現場を拝見してからになることも珍しくありませんが、その最終段階で大幅な値引きを要求するお客様がいらっしゃいます。見積もりの内訳の項目の中から「ここは要らないから削って」などという指示されるパターンです。この場合も見積もり作成時に想定した施工内容が確保できなくなりますし、最悪の場合欠陥工事となってしまう可能性もあります。

見積もりの内訳に記載している内容について、「要らないのではないか」と疑問に思う部分があれば遠慮なくお問い合わせください。なぜその内訳項目が必要なのか、どうしてそういう価格になるのかをきちんとご説明します。また、ご要望に応じた見直しを行うことも可能です。

価格の決定は お客様とリフォーム業者の二人三脚がポイント

リフォーム工事はお客様にとってそう頻度の多いものではありません。費用が高いと思うことや、なぜその工程が必要なのかなどといった疑問が出てくるのはごく自然な話です。そういった疑問や質問は、どんな小さな事柄でもいいので、どんどんご質問ください。そういったやりとりの中で、施工方法や建材について、値段が安いものが出てくるかもしれませんし、リフォーム工事の内容についてより深く理解していただくこともできます。業者や職人がどういったことを念頭に仕事をしているか、気を付けていることはなにか、などを知っていただくことで、業者の実績や仕事ぶりを実感していただけますし、信頼性も高まります。

リフォーム工事には、建材などの「調達資材」と、職人による「施工」、リフォーム内容に応じた「設計」や「提案」などのプランが必要になります。見積書に計上された内訳には、すべて計上する「理由」というものがあるのです。それらについて疑問があるなら、どんどん問い合わせて疑問を解消してください。すべての疑問を解消し、お客様にご理解いただいた方が、リフォーム業者にとっても施工がやりやすくなります。

Midoriは東大阪を中心として、八尾・大阪でマンションや一戸建てのリフォームやリノベーションを長年手掛けています。自社内で優秀な職人を数多く確保していますので、さまざまなご要望に応じることが可能です。東大阪・八尾・大阪で営業しているリフォーム会社として、みなさまのご質問・ご相談にもしっかりおこたえしますので、リフォームをご検討の際にはぜひ、Midoriにお気軽にお問い合わせください。

0120-09-1670
メールでのお問い合わせはコチラ
あなたのお悩みリフォームのプロにご相談ください

2018.12.13

12/16(日)休業日のお知らせ

 

0120-09-1670
メールでのお問い合わせはコチラ
あなたのお悩みリフォームのプロにご相談ください

2018.12.13

1/20(日)アリオ八尾にてリフォーム相談会開催いたします!

  1/20(日) 10時~17時 
アリオ八尾 にて リフォーム相談会開催いたします
リフォームをお考えの方必見です 
お買い物ついでにぜひ、お立ち寄り下さい!! お待ちしております

0120-09-1670
メールでのお問い合わせはコチラ
あなたのお悩みリフォームのプロにご相談ください

2018.12.10

祖父・祖母の空き家をリフォームするときの注意点

みなさま、季節の移り変わりをいかがお過ごしでしょうか? 安心で心地よい暮らしを支える住まい作りのお手伝いをめざすMidoriです。
東大阪を中心に、八尾・大阪にお住まいのリフォームをお考えの方に、役立つ話題と情報をお届けします。

高齢化社会が進むにつれ、思いがけない問題が話題になることがあります。空き家問題もその一つで、高齢になった祖父や祖母が住んでいた家が空き家になったというケースも少なくありません。その空き家に孫である自分が住んでいいという話になったら、あなたはどうしますか?

今回は、祖父や祖母の家に住むことになった場合に注意したい、家屋のリフォームに関わるポイントについてお話しします。

祖父や祖母の家の歴史と設計をしっかり確認しよう

祖父や祖母の家は、自分の両親が育った家であることがほとんどです。その場合、仮に新築だったとしても、現在は築年数が十数年以上の家ということになります。マンションや集合住宅の場合は、築年数や間取りは確認が比較的簡単ですが、一戸建ての場合は、可能な限り正確な建築年数と設計図などがあるかどうか、しっかり確認しておく必要があります。

空き家の期間が数ヶ月程度なら問題ありませんが、誰も住んでいない期間が長く続けば続くほど、家の老朽化が進みます。また、どんな住宅であっても、築年数が10年を超えた時点で、保守や点検などのメンテナンスが必要になります。前回のメンテナンスから何年経過したかも確認しておきたいポイントになります。また、使われている建材によってメンテナンス方法も変わってきます。祖父や祖母が住んでいた家の詳細について、建てた年や増改築を実施した年、リフォームや修繕の履歴を確認しておきましょう。また、建築や修繕をお願いした大工さんや工務店、リフォーム会社などがわかれば、そちらに聞いてみるのもいいでしょう。

家を建てた時期によって建材や工法も変化します

服や家具に流行があるように、家の工法や建材にも流行があります。また技術の進歩によって建材も新しいものが登場します。具体的にどういう流行があるのか、建材の変化によってメンテナンスがどう変わるのかを、外壁塗装を例にしてみましょう。

【漆喰などを使った塗り壁】
比較的古い家に使われているのが漆喰や土壁などの塗り壁です。塗り壁の場合、壁材そのものが外壁塗装を兼ねているものが多いのが特長です。壁全体を塗っていることが多く、継ぎ目がない仕上がりが特長ですが、柔軟性に乏しいため、ひび割れ(クラック)が起きやすいというデメリットがあります。修繕方法はひび割れを同じ壁材で埋めるのが一般的ですが、ひび割れが壁の内側にまで及んでいる場合は腐食の危険性が高いため、壁全体のメンテナンスになる場合もあります。伝統的な工法なので、建材としては珍しくなく、調達は比較的簡単です。道具を揃えてDIYでやる人もいますが、左官職人さんにお願いすることも可能で、どちらを選ぶかは予算との相談になります。
   

【モルタル外壁塗装】
壁の建材にモルタルと壁材を吹き付ける工法です。モルタルとはセメントと水を混ぜたもので、1980年代まで主流でした。デザイン性の高さから大変人気があったのですが、施工に手間がかかるのと、モルタルの吹きつけには技術が必要だったので費用がかかる工法でもありました。塗り壁と同様、モルタルもひび割れや乖離が起こりやすい建材です。ひび割れが浅い場合は該当箇所の再塗装でOKですが、深い場合はやはり建材内部が腐食している可能性を考慮する必要があります。モルタル塗装を素人がやるのは難しく、職人に依頼して行うのが一般的です。


【窯業サイディング】
サイディングは板状の壁材です。耐水性・耐久性に優れており、デザインも豊富で、工業製品のため品質が安定していており、種類による違いはありますが比較的コストも低く抑えられるという特徴があります。特にセメントと繊維質で作られた窯業サイディングは、最近の新築の7割で採用されている外壁材です。サイディングは表面に塗装を施してありますので、その塗装が剥がれる7~8年を目安にメンテナンスが必要です。具体的には防水性のある外壁塗料を塗り、壊れた部分の壁材を交換します。比較的新しい建材ですが、築10年程度なら、窯業サイディングが使われている住宅もあります。
 

外壁や外壁塗装は住宅に襲いかかる外部からの刺激を軽減する役割があります。建材による耐久性の違いはありますが、住宅の耐久性はその家が建つ環境がもっとも大きな影響を与えます。ですから、どの外壁塗装が行われているとしても、築10年程度を目安に点検が必要です。中でもモルタル壁は塗装から8年経過したころからメンテナンスが必要と言われています。

住み始める前に家の現状を確認しておきましょう

家は人が住んでいることで維持されます。そのため、人が住まなくなると、思いがけないほど早く老朽化が進行します。外壁塗装を目視で確認し、ひび割れや破損がないかをチェックしておくことはとても大切です。祖父や祖母の家が無人だった期間があるのなら、外壁や外壁塗装はもちろん、天井なども念入りに確認しておきましょう。また、異常があった場合には、早めの対策が重要です。

祖父や祖母が住んでいた家は、家族の思い出が詰まっている場所でもあります。孫であるご自身も思い入れもあるでしょう。ある程度費用がかかりますし、相続の問題もありますが、出来るかぎり大切にしたいですよね。また、空き家を放置することは、その家の周辺に影響を及ぼすことにもなります。祖父や祖母が住んでいた空き家に家族の誰かが新しく住むということは、そういった問題の解決方法の一つと言えるでしょう。

Midoriは東大阪を中心に、八尾・大阪でマンションや一戸建てのリフォーム・リノベーションを長年手掛けてきました。地域のお住まいのリフォームについては十分な実績があると自負しております。外壁や外壁塗装をはじめ、各種リフォームに関するご質問・ご相談にもしっかりおこたえします。空き家になった家のメンテナンスなどについても、ぜひ一度、リフォームのお問い合わせはMidori にお気軽にご相談下さい。

0120-09-1670
メールでのお問い合わせはコチラ
あなたのお悩みリフォームのプロにご相談ください
資料請求・お問い合わせ 0120-09-1670 体験型ショールームのご予約はこちらから