2017年04月

2017.04.27

大阪の皆さん!外回りリフォームでこだわりの外壁にしませんか?

  皆さん、こんにちは。

日々の暮らしに「快適な空間」をお届けするMidoriのショールーム担当の喜多です。
大阪でリフォームをお考えの方、必見です

当社では、お客さまの生活に寄り添い、快適な空間つくりを提案していきます。
キッチンやトイレのリフォームから、お部屋全体のリフォーム、全面改装工事まで、
すべてお任せください。
今回も、暮らしをもっと快適に、便利に過ごすためのリフォームアイディアを
ご紹介いたします。

前回は、防犯機能を兼ねた外回りリフォームについてお話しました。おしゃれなエクステリアにしながらも万全なセキュリティー対策は実現可能です!大切なご家族を守るためにもぜひ一度ご検討ください。

今回は、家全体を守る外壁に関する外回りリフォームについて
お話したいと思います。どの方法が適しているか、見極める
参考にしてみてくださいね。

○塗り替える方法
元々ある材質の上から塗料を塗る方法です。
一般的にはこの方法が多く行われ、費用も比較的抑えられます。
施工の際には、必要に応じて外壁の洗浄・補修などを施し、下塗りと上塗りで
仕上げていきます。塗料の値段は耐用年数に比例し、安価なものほどこまめな
塗り替えが必要になってくるので、先を見越して選ぶのがポイントです。

・フッ素樹脂塗料
塗料の中では高価。耐用年数は12年~20年ほどで比較的長い。

・シリコン樹脂塗料
防汚性にすぐれ紫外線にも強いので、一般家庭で使われることが多い。
耐用年数は8~15年。

・ウレタン樹脂
塗装のツヤが長持ちする。紫外線には強いが、防汚性はやや低め。
耐用年数は6~10年。

・アクリル樹脂
紫外線、防汚性ともに低めだが、コストもほかに比べて低い。
耐用年数は5~8年。
 

○重ね張り
元々ある外壁に、新しい外壁材を重ね張りする方法です。
施工前に、外壁の強度や下地の腐食があるかどうかなどを確認する必要があります。
壁が厚くなる分、騒音対策につながります。また、耐震性を高めたいと考えている
方にもおすすめです。塗り替えだけでは実現できないデザイン性のある外壁に
したい場合も、この方法だと張り替えよりも低い価格で行うことができます。
施工の際には、廃材などが出にくく音や粉じんの問題を回避できるので、
ご近所トラブルも少なくて済みます。

  

○張り替え
元々の外壁を撤去し、骨組みだけの状態にしてから新しい外壁材を施工する方法です。
ほかの方法に比べ、費用は大きいです。しかし、下地から新しく作りなおすことが
できるので、断熱や補強も施せば、構造的にしっかりとしたつくりになります。
老朽化した家のリフォームにもぴったりです。
外壁は、住宅の第一印象を決める大きな要素のひとつです。
そして、冷たい風雨や強い太陽光にさらされているため、他の部分に比べて
劣化しやすい部分です。なかなか近くで見ることはないと思いますが、
これを機会に一度じっくり点検してみてください。
もしひび割れなどのトラブルを発見した場合、さらなる傷みが重ならないように
早めに対策をとりましょう。
定期的なメンテナンスが建物自体の耐久年数を延ばすカギといえます。

           

当社では、ご相談から工事の完了、アフターメンテナンスに至る
まで一貫してアドバイザーが対応しております。
家の困りごとや気になる工事中の様子などどんなことでも、
細やかな管理ができるのは、専門アドバイザーだからこそ。
また、アドバイザーと一体となり工事を行う自社施工ですので、
安心して最後までお任せください。
 
安心自社施工でお客さまのよりよい生活空間作りを目指します。
大阪でリフォームをご検討中なら、是非、Midoriにお気軽にご相談ください
0120-09-1670
メールでのお問い合わせはコチラ
あなたのお悩みリフォームのプロにご相談ください

2017.04.25

GW休暇のお知らせ

 

0120-09-1670
メールでのお問い合わせはコチラ
あなたのお悩みリフォームのプロにご相談ください

2017.04.25

4/29(土)休業日のお知らせ

 

0120-09-1670
メールでのお問い合わせはコチラ
あなたのお悩みリフォームのプロにご相談ください

2017.04.19

4/23(日)ファミールハイツ八尾にてイベントを開催します!

 4/23(日)ファミールハイツ八尾にてリフォーム相談会を開催します!

10時~16時を予定していますので、ぜひマンションにお住まいの方もご近隣の方も

お気軽にお越し下さい お待ちしております。

0120-09-1670
メールでのお問い合わせはコチラ
あなたのお悩みリフォームのプロにご相談ください

2017.04.17

大阪の皆さん!セキュリティーも万全な外回りリフォームをしませんか?

  皆さん、こんにちは。

日々の暮らしに「快適な空間」をお届けするMidoriのショールーム担当の喜多です。
大阪でリフォームをお考えの方、必見です

キッチンやトイレのリフォームから、お部屋全体のリフォーム、
全面改装工事まで、すべてお任せください。
今回も、暮らしをもっと快適に、便利に過ごすためのリフォームアイディアを
ご紹介いたします。
前回は、エクステリアについてお話しました。
お家の第一印象とも言える外回りを機能的でデザイン性のある環境に整えて、
理想のお家をぜひ実現させてくださいね。

今回は、外構に工夫をすることで出来る防犯対策について詳しく
ご説明したいと思います。
外回りのリフォームを考える際に、参考にしてみてくださいね。

○防犯対策と居心地の良さを融合した塀
  塀は、プライバシーを守るだけでなく防犯対策が伴うものです。
  車の通りや人の通行、日中と夜間の状況などを考えたうえで、
  その家に適した塀を取り付けることが重要です。理想的な塀の高さは、
  腰より少し高いくらいといわれています。もちろん丈夫な塀にすることは
  大切ですが、閉ざされた環境では息がつまってしまいます。
  格子状のフェンスとブロック塀を組み合わせた塀にするなど、施工の工夫
  次第で風通しの良い快適な家にすることができます。
  また内側の死角をなくすためにも見通しの良いフェンスは有効的です。
  どうしても死角になってしまう場所には、センサーで点灯するライトを
  取り付ける方法もあります。



○門回りの防犯は家を守る最重要ポイント
  防犯の観点から言うと、『見通しが良い』『簡単には飛び越えられない』
 『鍵がついている』が、良い門扉の3つの条件です。 
  死角ができてしまったり、簡単に飛び越えられるような門扉になって
  しまったりしないよう注意が必要です。鍵は、外側から手を伸ばして開け
  られないようなものにするのが鉄則。最近ではかざすだけで開く電気錠の
  ついたものが人気です。
  ポストについても、郵便物が抜き取られることがないよう、鍵のついたものが
  おすすめです。ダイヤルを回すタイプや南京錠をつけるタイプなど、
  ご家庭によって選ぶことができます。

           

○侵入しづらいとおもわせるための工夫
  侵入者が嫌がるような対策として、撮影機能や録画機能の性能を兼ね備えた
  ドアホンを付ける、暗がりをなくすための照明配置、踏むと大きな音が鳴る
  『防犯砂利』を敷くなどがあげられます。
  住宅侵入の手口で最も多いといわれているガラス破りを防ぐために、
  防犯窓にするのも対策の一つです。
  また、二階へ上がるための足場にならないように室外機を設置したり、
  車庫にゲートやシャッターを付けたりするのも効果的です。
  防犯性も高く、自分のセンスを生かしたおしゃれなエクステリアリフォームを
  してみませんか?外構の防犯対策に工夫をし、安全性を兼ね備えた
  イメージ通りの外観にするためにも、しっかりとした打ち合わせが必要です。

          

その際にはぜひ一度ご連絡ください。
当社では、ご相談から工事の完了、アフターメンテナンスに至る
まで一貫してアドバイザーが対応しております。
家の困りごとや気になる工事中の様子などどんなことでも、
細やかな管理ができるのは、専門アドバイザーだからこそ。
また、アドバイザーと一体となり工事を行う自社施工ですので、
安心して最後までお任せください。
 
安心自社施工でお客さまのよりよい生活空間作りを目指します。
大阪でリフォームをご検討中なら、是非、Midoriにお気軽にご相談ください
0120-09-1670
メールでのお問い合わせはコチラ
あなたのお悩みリフォームのプロにご相談ください

2017.04.11

4/16(日)休業日のお知らせ

 

0120-09-1670
メールでのお問い合わせはコチラ
あなたのお悩みリフォームのプロにご相談ください

2017.04.06

大阪の皆さん!他のお家とはひと味違う素敵な外観にしたいなら、外回りリフォームしてみませんか?

  皆さん、こんにちは。

日々の暮らしに「快適な空間」をお届けするMidoriのショールーム担当の喜多です。
大阪でリフォームをお考えの方、必見です

当社では、お客さまの生活に寄り添い、快適な空間つくりを提案していきます。
キッチンやトイレのリフォームから、お部屋全体のリフォーム、
全面改装工事まで、すべてお任せください。
今回も、暮らしをもっと快適に、便利に過ごすためのリフォームアイディアを
ご紹介いたします。
前回は、健康に暮らせる住宅のポイントをお話しさせていただきました。
「空気環境」「湿度環境」「熱環境」など、住んでいる地域や何を重点的に
対策したいかで方法は変わってきますので是非ご相談ください。
     

今回は、エクステリアについてお伝えいたします。

○エクステリアと外構の違いについて
エクステリアとは、住宅の外側を取り巻く環境や空間のことです。
門や塀を含む全てのものを装飾するといった意味合いです。
インテリアの対になる言葉がエクステリア。お好みの装飾で美しく統一し、
なおかつ機能的なデザインをすることに重点をおいています。
対して外構とは、住宅の外側にある構造物のことをさします。
門や塀の他に、垣根、植栽、車庫、物置などがそれにあたります。
   

○エクステリアの3つのスタイル
エクステリアには大きく分けると3つのスタイルがあります。

1つ目は『オープンスタイル』。
少ないパーツで、敷地と道路の境界をやんわり作ります。
開放的で広々と見せたいという方や、敷地が広くて近隣からの視線が
気にならない郊外にある住宅などに適しています。


2つ目は『セミオープンスタイル』。
低いフェンスや垣根で、敷地と道路の境界を軽く作り出します。
ある程度、近隣との距離が保たれる住宅地に適しているといえます。
完全に隠すわけでもなく、外から丸見えのわけでもなく、建物と外構が
うまく融合したスタイルです。


3つ目は『クローズドスタイル』。
近隣の方との距離が近くプライバシーが確保されにくい住宅などに
適しています。敷地と道路の境界を門や垣根ではっきりさせるので、
プライバシーを保つことができます。また防犯性や安全面においても
優れているといえます。


○個性的な演出
それぞれの好みや住宅の環境によって自由に組むことが出来るエクステリアは、
個性的な演出がしやすいです。広々としたウッドデッキを設け、第二の
リビングとして家族団らんを楽しんだり、雑草が生えやすい地面にレンガを
敷くことで、お手入れが楽なお庭にしたり、生活に合わせたリフォームをする
ことが出来ます。和風や洋風、モダンやカジュアルなどテイストも統一されて
いると、まとまりがあっていいですね。
エクステリアのリフォームは、いかに機能的でデザイン性のある環境に整える
かを考えるいい機会。理想のお家を実現するためには必要な要素であると言えます。
  


一度ご検討してみてくださいね♪

当社では、ご相談から工事の完了、アフターメンテナンスに至る
まで一貫してアドバイザーが対応しております。
家の困りごとや気になる工事中の様子などどんなことでも、
細やかな管理ができるのは、専門アドバイザーだからこそ。
また、アドバイザーと一体となり工事を行う自社施工ですので、
安心して最後までお任せください。
 
安心自社施工でお客さまのよりよい生活空間作りを目指します。
大阪でリフォームをご検討中なら、是非、Midoriにお気軽にご相談ください
0120-09-1670
メールでのお問い合わせはコチラ
あなたのお悩みリフォームのプロにご相談ください
資料請求・お問い合わせ 0120-09-1670 体験型ショールームのご予約はこちらから