2018年05月

2018.05.29

6/2(土)・3(日)休業日のお知らせ

 

0120-09-1670
メールでのお問い合わせはコチラ
あなたのお悩みリフォームのプロにご相談ください

2018.05.26

6/10(日)アリオ八尾にてリフォーム相談会を開催します!

 6/10(日) 10時~18時 
アリオ八尾 にて リフォーム相談会開催いたします
リフォームをお考えの方必見です 
お買い物ついでにぜひ、お立ち寄り下さい!! お待ちしております


0120-09-1670
メールでのお問い合わせはコチラ
あなたのお悩みリフォームのプロにご相談ください

2018.05.25

おしゃれなリフォームをしよう

 「自分のセンスが活きる部屋にしたい」「知り合いが来たときに自慢できるような家にしたい」リフォームを検討している人の中には、こんな気持ちを持っている人もいると思います。

おしゃれなリフォームをするためには、何から始めていけばよいでしょうか?自分のセンスに自信がない!という人もいるかもしれません。今回は大阪でおしゃれな家にしたい貴方におすすめのリフォームを紹介します。

おしゃれにするためのコツ

誰が見ても素敵!と思ってもらえる家にするためには、工夫が必要です。ここではセンスを活かすためのコツを紹介します。

まず、コンセプトを固めることから始めましょう。「リビングはこうしたい、トイレはこうしたい」という細かい範囲ではなく、内装と外装全体で考えるのがポイントです。温もり、清潔感、唯一無二のデザイン、シックなどテーマを決めていきましょう。

次は統一感を出すことがポイントです。色や質感、形などを揃えることで、まとまりが出てきます。統一させるのは、最初のコンセプトに基づいて行いましょう。温もりなら暖色系の色を使い、個性的な家なら原色を使うなど、コンセプトに適した色を使うのがポイントです。

全体がいい感じでも、テーマに沿ってない色の家電や生活用品があるだけで台なしになってしまいます。家具や建具などはなるべく同じ系統の色にするのがおしゃれに見せるコツです。濃い色だと重厚感があるので、強調させたい家具があれば濃い色にするとよいでしょう。 

おしゃれリフォームで気をつけること

デザインを求め過ぎると、生活に不便さが生じることもあります。生活に影響が出ないためには、収納スペースにも注目しましょう。たとえば、壁際のスペースを活用して側面収納にするのもおすすめです。余分なスペースを有効に使うことができて、なおかつこだわりのデザインが実現できます。

デザインにこだわると、コストも多くかかってしまいます。安く抑えられるところは抑えるのもポイントです。たとえば、照明を変えるだけで部屋の印象は大きく変わります。間接照明や照明器具のバリエーションも多く、低コストで部屋の印象を変えることができます。

おしゃれな家にする上でこだわるべきは床材です。コンセプトに適した床材にすると、予算オーバーになる場合もあります。少しでも安く床材にこだわるなら、フロアタイルを使うのも方法の一つです。タイルなら床材をすべて変えるよりも低コストです。

大阪でおしゃれなリフォーム業者を探すコツ

大阪には数多くのリフォーム業者がいます。安さにこだわっているところもあれば、センスにこだわっている業者もあります。大阪にはセンスに優れたモデルハウスやマンションも多くあるので、参考にして手がけた業者を調べてみるのもおすすめです。

大阪のリフォーム業者を探すときは、なるべく実績がある業者を選びましょう。利益優先の業者だと、こちらの要望には応えてくれず自分の意見ばかりを通します。どんな部屋にしたいのか要望を伝え、親身になって対応してくれる業者選びが大切です。

また大阪には大手と個人のリフォーム業者がいます。大手だとアフターフォローがしっかりしていることや最新のデザインを紹介してくれる一方で金額は高めです。個人の業者は安いものの、アフターフォローで不安が残る部分があります。業者の大小に関係なく、過去の実績やしたいデザインに対応してくれる業者選びが大事です。

まとめ

いかがでしたか?おしゃれなリフォームを実現するためには、業者選びが大切です。センスに自信がなくても、優秀な業者に出会うことができれば、自分の気持ちを形にしてくれます。大阪には数多くのリフォーム業者があるので、焦らず自分の希望に添って対応してくれる業者選びをしましょう。

0120-09-1670
メールでのお問い合わせはコチラ
あなたのお悩みリフォームのプロにご相談ください

2018.05.25

おしゃれなデザインにリフォームしよう

せっかくリフォームするなら、おしゃれなデザインにしたいと考える人が多いのではないでしょうか。デザインは住んでいる人のセンスを象徴します。マンションでもデザインセンスに優れた自宅にすることができます。
素敵なインテリアになるだけで、毎日が楽しくなってリラックスできるものです。今回はデザインにこだわったリフォームをするためのポイントや対応している業者選びを大阪に焦点を当てて紹介していきます。

マンションリフォームのおすすめデザイン

おしゃれなマンションにするために、3つのおすすめデザインがあります。

まず一つは「インダストリアル」です。倉庫や工場をイメージするデザインが特徴で、国内だけでなく海外でも人気があります。クールでスタイリッシュな雰囲気は、誰が見てもおしゃれです。

次に「カフェ風」です。カフェと言えば落ち着くイメージがありますが。自宅も同じようにしたいと考える人が増えています。キッチンや自宅の一部にアンティーク風の素材を使うだけでおしゃれな部屋作りができます。大きな工事をしなくても、ちょっとした工夫で部屋の雰囲気が変えられます。

そして三つ目が「和風テイスト」です。最近になってじわじわと和風テイストの空間人気が高まっていて、若い世代からも注目されています。電球や畳、障子などを取り入れて昔ながらの部屋に回帰する傾向にあります。大きな工事は必要なく、昔からあるものを使えるのも魅力です。和風テイストは気分も落ち着くので、長年住むことを考えるとおすすめです。

デザインでこだわりたい場所

マンションリフォームは外観を変えるのではなく、内装を変えるのが基本です。少し変わるだけで雰囲気が一新する場所はキッチンです。オシャレなカウンターやオープンキッチンを取り入れると、それだけでイメージががらりと変わります。カフェ風にするなら、カフェで使っているイスやテーブルを使うだけでも変わります。

リビングもセンスが現れるのでこだわりたい場所の一つです。自宅の中で長い時間を過ごす場所で、来客を通す場所でもあります。天井や壁、床、壁などがリフォーム対象です。どんな風にしたいかで変わりますが、おしゃれにするならホワイトや黒などの色や天然素材のものを使うだけでおしゃれな雰囲気を演出することができます。

キッチンやリビングはおしゃれにこだわっても、トイレは意外と手を抜いている人が多くいます。いくらおしゃれな部屋でも、トイレに入ってイメージが異なると、それだけで台無しになってしまうものです。証明や白系の置物などシンプルなものを置くだけで、トイレのイメージは変わります。

大阪でオシャレなリフォームをするなら

大阪には部屋をおしゃれにしてくれる業者がたくさんいます。業者選びのポイントは、過去の実績です。大阪で過去に手掛けてきたリフォームを公開している業者が安心できます。

また、見積もりをするときにこちらの要望に対して親身になってくれるかどうかも大切です。大阪は業者同士の競争が激しく、仕事を取るために早く契約を進めてくるところも少なくありません。

センスにこだわると費用も増えるので、見積もりを細かく取ってくれる大阪の業者を選ぶことも大切です。途中で見積金額が変わるトラブルも少なくありません。中には詐欺をするような業者もあるので気を付けましょう。実際に大阪でリフォームをした人の口コミをチェックするのもよいでしょう。

まとめ

いかがでしたか?大阪でセンスやおしゃれにこだわったマンションにするなら、業者選びがポイントになります。実績があって情報公開をきちんとしている業者を探すことが大事です。大阪にはデザインに凝ったマンションがいくつもあるので、下見して参考にするのもよいでしょう。

0120-09-1670
メールでのお問い合わせはコチラ
あなたのお悩みリフォームのプロにご相談ください

2018.05.15

5/20(日)休業日のお知らせ

 

0120-09-1670
メールでのお問い合わせはコチラ
あなたのお悩みリフォームのプロにご相談ください

2018.05.07

大阪の皆さん!10年後、20年後の家族のためのリフォームをしませんか?

  みなさん、こんにちは。日々の暮らしに「快適な空間」をお届けするMidori喜多です。
大阪、八尾、東大阪のみなさん!リフォームについてお考え中なら必見です。
当社では、お客様の生活に寄り添い、快適な空間づくりを提案していきます。
キッチンやお風呂のリフォームから、お部屋全体のリフォーム、全面改装工事に至るまで、
何でもお任せください。

 今月は「介護リフォーム」についてお話していきます。
前回は、玄関の介護リフォームについてのポイントをお伝えしました。
今回は、「浴室の介護リフォーム」についてです。
 「お風呂に入る」という行動は、心身ともにリフレッシュ出来て、心地よいものであるべきですよね。
しかし、浴室の環境によってはリフレッシュどころか、介護する方も介護される方もストレスを感じて
しまうかもしれません。トイレ同様、出来ることなら1人でゆったりしたい場所。安全な浴室環境に
ついて考えていきましょう。

○まずは入り口を安全に
 浴室への入り口には段差があることが多いですよね。介護の必要がない人でも、
体や床が濡れている状態は、浴室への出入りの際に転倒する危険性があります。
特に骨が弱くなっている人は、
滑ってこけてしまうと大きなけがにつながります。少しの段差でさえ、
狭い浴室では危険な状態を作っているのです。水にぬれても滑りにくい床にしたり、
乾きやすい床に変えたりすれば安心ですよね。


◯滑りやすいのは、床だけ?
 浴槽に入るとき、または浴槽の中で立ち上がるとき、足がつるっとすべることはありませんか?
ご自宅の浴槽の底を注目してください。シンプルにつるつるした浴槽の場合、底の部分に滑り止めの
加工をした方が良いかもしれません。簡易的な滑り止めマットなどもありますよ。安心と安全のために、
浴槽にきちんと取り付ける工事を行いましょう。


◯どんな場所でも手すりが大事
 入り口から脱衣所への移動、脱衣所から浴室への移動、浴室の洗い場から浴槽への移動。
手すりが必要な箇所はたくさんあります、あまり設置しすぎるとかえって邪魔になり、
使いにくくなる可能性もありますので、
介護される人の状態にあった位置に手すりを設置しましょう。たった1つの手すりが、
介護する人の負担を大幅に減らし、介護される人にとって「お風呂に入る」という行動が、
身も心も楽になるかもしれません。
 自分の住み慣れた家で、大切な家族と安心安全に暮らすために、介護リフォームはとても大事です。
介護される人が、少しでも自身の力で生活出来、快適な日常生活を送れるように、
介護リフォームについて家族みんなで考えていきたいですね。
 また、現在「介護」について考える環境でない人も、将来的なことを考えて、住みやすい家づくりを
やっていきましょう。「この廊下は車いすでも通れるかな?階段ステップの幅が、
今の状態でも狭く感じるなあ~」など、少しでも、家のバリアフリー化について考えておけば、
いざという時に焦らずすみますね。


当社ではご相談から工事完了後のアフターメンテナンスに至るまで、
一貫して専属のアドバイザーが対応しております。家の中の困りごと、工事中の様子、
どんな些細なことでも細やかな対応ができるのは、専属のアドバイザーだからこそです。
アドバイザーと一体となり工事を行う、自社施工ですので安心して当社にお任せください。
安心自社施工で、お客様のよりよい生活空間作りを目指します。
大阪、東大阪、八尾でリフォームを検討中なら、ぜひMidoriにお気軽にご相談ください。
0120-09-1670
メールでのお問い合わせはコチラ
あなたのお悩みリフォームのプロにご相談ください
資料請求・お問い合わせ 0120-09-1670 体験型ショールームのご予約はこちらから