2017.05.10

大阪の皆さん!湿気対策として設備のリフォームをしてみませんか?

  皆さん、こんにちは。

日々の暮らしに「快適な空間」をお届けするMidoriのショールーム担当の喜多です。
大阪でリフォームをお考えの方、必見です

当社では、お客さまの生活に寄り添い、快適な空間づくりを提案していきます。
キッチンやトイレのリフォームから、お部屋全体のリフォーム、
全面改装工事まで、すべてお任せください。
今回も、暮らしをもっと快適に、便利に過ごすためのリフォームアイディアを
ご紹介いたします。
前回は、外壁に関する外回りリフォームについてお話しました。
外壁は家を雨風から守り、第一印象ともなるものです。それぞれご家庭に合った
方法で素敵な外壁にしてくださいね。

今回は梅雨に備え、設備のリフォームで出来る湿気対策の方法を
ご紹介していきます。湿気は様々な悪影響を及ぼし、老朽化を引き起こす
原因となってしまいます。大切な家を守るためにも、ぜひ参考にしてみてください。

○24時間換気の設備を導入する
『24時間換気』とは、室内の空気をファンなどの機器を使って、
24時間いつでも新鮮な空気を維持するというシステムです。
計画的に、家じゅうの空気が入れ替わるよう換気しています。
24時間換気設備を導入することで、入り口から出口まで空気の流れができ、
滞ってしまう部分が少なくなるため、結露の軽減やカビの発生を抑える
ことができるようになります。
この工事をおこなうためには、空気の流れを考え、どう循環させるの
かを計算したうえで、換気設備の交換や給気口の追加などを行わな
ければなりません。

○湿気を助長する結露を二重サッシや複層ガラスの窓で防ぐ
二重サッシとは、窓を二重に取り付けるというもの。
後付けで内から取り付けることも可能で、断熱性に優れるため、結露を
防ぐことができます。また、複層ガラスとは複数枚の板ガラスを重ね、
その間に乾燥空気などを入れた窓のことです。ガラスとガラスの間に
空気の層ができるため、熱が伝わりにくくなります。それにより、
中と外の空気の気温差があまり感じられず、結露が発生しにくくなります。
二重サッシで内窓の取り付けをする場合は、1枚あたり30分~1時間程度で
できるため、比較的手軽にできるリフォームです。
 

○採風部を増設する
採風部を増やすと風の通りが良くなり、湿気を逃がしやすくなります。
そのために、まずは玄関のドアをリフォームするのはいかがでしょうか。
最近増加傾向にある、ドアを閉めたまま採風できるルーバー付きの
タイプであれば、防犯面でも安心です。また、せっかく玄関から採風できても、
室内ドアで風の通りが滞ってしまっては意味がありません。
そこで、通風建具を併せて取り入れるのもひとつの手です。仕切りにある
ドアであれば開閉調整のしやすいルーバータイプ、プライバシーを守りたい
部屋であればドア上部に開閉できる窓(ランマ付きドア)など、用途に合わせ
てタイプ別に施工することも可能です。
自然と風が通り抜ける家は、快適で過ごしやすい空間といえます。
湿気を逃すことでカビになりにくく、家を長持ちさせることができます。
この機会にぜひ、居心地の良い空間づくりを考えてみませんか?


当社では、ご相談から工事の完了、アフターメンテナンスに至る
まで一貫してアドバイザーが対応しております。
家の困りごとや気になる工事中の様子などどんなことでも、
細やかな管理ができるのは、専門アドバイザーだからこそ。
また、アドバイザーと一体となり工事を行う自社施工ですので、
安心して最後までお任せください。
 
安心自社施工でお客さまのよりよい生活空間作りを目指します。
大阪でリフォームをご検討中なら、是非、Midoriにお気軽にご相談ください
0120-09-1670
メールでのお問い合わせはコチラ
あなたのお悩みリフォームのプロにご相談ください

トラックバック

トラックバックURL:

コメント

コメントフォーム

資料請求・お問い合わせ 0120-09-1670 体験型ショールームのご予約はこちらから