2019.07.03

これから浴室リフォームを検討されている方必見!最近のトレンドは?

みなさん、こんにちは!日々の暮らしに快適さをお届けするMidoriです。本社をおく大阪府八尾市を中心に、大阪市・東大阪市にお住まいの皆様に、安心で暮らしやすい住環境を提供できるよう日々がんばっています。

今回は、毎日お世話になるけれど、なかなかリフォームのタイミングがつかめない浴室について説明します。流行りのリフォームとはどのようなものか、改装工事を行うべきタイミングはいつなのか、など分かりやすく説明しますね。

実用性からリラクゼーションへ

お風呂と言えば、体を清潔にする以外にも、私たち日本人には体を温めるという目的があります。したがって、ほとんどの家庭にはシャワー設備と浴槽が完備されているはずです。弊社があつかっている大阪周辺でも、最近は体を清潔にする、温めるといった以外にリラクゼーション効果を高める機能に人気が集まっています。

シャワーヘッドを交換するだけで多様な効果を実感できるオーバーヘッドシャワーのような簡単なものから、ヘッドレストが付き、肩湯や打たせ湯が楽しめる大掛かりなものまでいろいろなオプションが用意されています。

また、痩身効果や美肌効果があるといわれる半身浴が行いやすいように、ヒートショックを防止する断熱構造も人気があります。その他にも、シャワーを浴びながら音楽が聞けたり、湯船に浸かりながらテレビが見られたりといった付加価値を取り入れる工事も広く利用されるようになっています。

リラクゼーション以外では、追い焚き機能や浴室乾燥機といった定番機能も根強い人気を持っていて、リフォームを検討するほとんどの方が希望する機能の上位にあげています。

リフォームが必要な浴室とは

浴室のリフォームを行うにあたって最適なタイミングとはいつなのでしょう。もちろん、新しい機能を付け加えたいといった目的だけで改装工事を行うのも間違いではありませんが、以下の項目に該当する症状が出始めたら、できるだけ早く補修を検討する必要があります。

・排水口が頻繁に目詰まりする
・カビ取りをおこなってもすぐに繁殖する
・脱衣場の床や壁がやわらかい
・浴室の壁や床にひび割れ等が目立つ

これらの症状は、老朽化が原因で起きる可能性が高いものです。そのままにしておくと建物の基礎部分にまで被害が及ぶこともありますから早急に対策が必要になります。

在来工法とユニットバス

改装工事には、大きく分けて2つの方法があります。従来の浴室にメーカーが用意したユニットバスをはめ込む方法と、オーダーメイドで一から設計施工する在来工法です。ユニットバスは、規格が決まっており完成品を取り付けることから、工期自体が短く費用も安く抑えられます。しかし、浴槽や洗い場の形状によっては以前よりも狭く感じてしまったり、欲しかった機能を付けることができなかったりするのです。

在来工法は、自由に設計できるため、自分の理想通りの入浴空間を演出することができる反面、工期も長くなり費用もかなり多くなってしまいます。大阪周辺では、戸建住宅では在来工法、集合住宅ではユニットバスを希望する方が多いようです。

きれいになったメリットとは

浴室をリフォームすることで得られるメリットは、単にお風呂がきれいになっただけではありません。大阪周辺でバスルームを改装された方の多くが、追い焚き機能やガス器具の効率化によるガス代の節約や、ユニットバスにした結果、掃除が楽になったなどといったメリットがあったと答えています。

Midoriでは、どのような浴室リフォームにも柔軟に対応することが可能です。機能性重視だったお風呂から、ゆったりとくつろげるリラクゼーション・スペースへとリフォームすることで日々の活力やモチベーションもアップします。心身ともにリフレッシュして楽しい毎日を送ってみませんか?八尾市・大阪市・東大阪市周辺で浴室のリフォームを検討中の方は、是非、安心・丁寧なMidoriにお任せください!

0120-09-1670
メールでのお問い合わせはコチラ
あなたのお悩みリフォームのプロにご相談ください

トラックバック

トラックバックURL:

コメント

コメントフォーム

資料請求・お問い合わせ 0120-09-1670 体験型ショールームのご予約はこちらから