大阪 八尾市・東大阪市 全面改装リフォーム・リノベーション・増改築の地域密着安心リフォーム(財)大阪府警察職員互助会指定業者第81号

0120-09-1670

新着&イベント情報

日よけ対策になるおすすめの窓リフォームを開設

みなさん、こんにちは!ミドリーナです。
Midoriは大阪市・八尾市・東大阪市を中心に、経験豊富なアドバイザーと工事品質にこだわる職人が「お客様第一主義」をモットーに、豊かな暮らしの快適をお届けしています♪

夏に向けて日差しが気になる季節になってきますよね。特に西日が直接当たるお部屋の場合は、窓から直接光が差し込むことで室内の温度が上昇しやすいためさらなる日よけ対策が必要となってきます。

そこでおすすめの日よけ対策をミドリーナがご紹介していきます!西日対策が必要な理由や今すぐできる窓の遮熱方法などもご紹介しますので最後までぜひお付き合いくださいね!

西日対策が必要な3つの理由とは?

西日とは、夕方の時間に西から差し込む太陽の光のことをいいます。冬場は西日のおかげで室内の温度が暖かくなるため快適に過ごせるというメリットがあるのですが、注意していきたいのが「夏場の西日対策」です。なぜ夏場に西日対策が必要なのかについて詳しくみていきましょう!

1.屋内の気温が上昇してしまう
西日が直接差し込むことでえ、屋内の温度がどんどん上昇してしまいます。直接光が差し込む時間帯はもちろんのこと、西日によって建物自体が温められてしまうためその暑さは夜まで持続してしまいます。さらに夏場は日照時間が長いため、より一層室温が高くなってしまうのです。そのため、部屋の温度を下げるためにエアコンの設定温度を低くしてしまうことにつながり、結果としてエアコン代などの電気代が高くなりがちなのです。

2.テレビやパソコンの画面が見にくくなる
西日が窓から差し込むことで、テレビやパソコンの画面に反射してしまい見にくくなった経験をお持ちの方も多いはず。部屋の間取りや方角によっては、夕方から日が沈むまでの時間帯にテレビなどの画面が見にくくなる現象が起こりがちです。

3.床や壁、家具などが劣化しやすくなる
西日などの光が窓から直接差し込むことで、床や壁、家具などが変色をして劣化しやすくなります。これは紫外線による影響によるもので、木材はもちろんのこと、レザーや布、そしてプラスチック製品なども痛みやすくなりますので注意が必要です。

お部屋の装飾品や備品だけでなく、紫外線による肌トラブルが起こってしまうことも。日焼けをすることでシミやたるみの原因となりますのでできる限りの対策をしていきたいですよね。

今すぐできるおすすめの日よけ対策とは?

ここからはどなたでも今すぐにできるおすすめの日よけ対策を3つご紹介します!

1.遮熱性の高いカーテンに変える
遮光性や遮熱性の高いカーテンの人気が高まり、たくさんの種類のアイテムが販売されています。一般的に遮光性の高いアイテムは、太陽光の遮ってくれるため自然と遮熱性も高くなりますよ。しかし遮光性の高いカーテンの場合、室内が暗くなりがち。そこでおすすめしたいのが遮光性の高いレースカーテンを使用すること。適度に明るさを取り込みながらきちんと遮熱をしてくれますよ!

2.すだれや日よけシェードを使う
室内はカーテンで遮熱をして、さらに屋外でも遮熱対策をするとより効果的ですよ!そこでおすすめなのが「すだれ」や「日よけシェード」を活用することです。日よけシェードのようが遮光・遮熱性が高いアイテムではありますが、ある程度のスペースが必要なのが難点。すだれや外付けのブラインドなら窓付近に設置ができるので、比較的多くのご家庭で取り入れやすいアイテムでしょう。

3.断熱フィルムやアルミシートを活用する
断熱フィルムやアルミシートは、窓に簡単に貼り付けるだけで遮熱・遮光効果を実感できるアイテムです。気軽に貼り付けができるというメリットがあるのですが、結露などが発生した場合に剥がれやすくなることや、見た目がよくない、部屋が暗くなりがちなどのデメリットもあります。より徹底した対策をしたいとお考えの方にはあまりおすすめできません。

日よけ対策の2つのポイントとは?

日よけ対策をしていく上で重要な2つのポイントについてご紹介します!

1.屋外の日よけ対策する
日よけ対策は、カーテンなどの屋内対策よりも屋外の対策を重視した方が効果を感じやすいといわれています。屋外にシェードなどを設置することで、窓ガラスの熱を遮ることができるため、より高い遮熱効果があるようです。

2.日よけ対策用の窓に変更する
屋外の日よけ対策と一緒に検討してほしいのが「日よけ対策用の窓」を設置することです。より遮熱効果を高めたい方におすすめなのが熱貫通率の低い「遮熱ガラス」を使用した窓ガラスです。通常の窓ガラスは日差しを10%ほどしかカットできないのに対し、遮熱ガラスを使用した窓ガラスの場合は50〜60%カットでき、室内を快適な温度にキープしてくれますよ。

まとめ:西日があまりにもひどい場合はリフォームも検討しよう

ご紹介した日よけ対策を行っても状況が改善しない場合は、窓ガラスの交換などのリフォームによる日よけ対策がとても効果的ですよ。場合によっては外構工事を行うことで遮熱効果を高められるケースもあります。

Midoriでは、社員一人が専属アドバイザーとして一戸建てのリフォームのイメージづくりから完成・引き渡しまで、しっかりサポートします。大阪市・八尾市・東大阪市を中心に、地域密着のサービスを展開していますので、お気軽にお問い合わせください!

ブログ内検索

  • 新着&イベント情報
  • 社長クハラのブログ
  • 月刊 明るいMidoriっ子ブログ
  • ショールームの出来事

お気軽にご相談ください。無料相談のお申込みも受け付けております。

お電話でのお問合せ

0120-09-1670

メールでのお問合せ

お問合せはこちら

営業を目的としたお問合わせはご遠慮ください。

ページトップへ
Show