大阪・八尾市・東大阪市での「全面改装リフォーム・リノベーション・増改築」のご相談なら株式会社Midoriへ!
地域密着の安心リフォームをご提供します! (財)大阪府警察職員互助会指定業者第81号

0120-09-1670

新着&イベント情報

マンションのお風呂リフォームの費用と期間はいくらかかる?

みなさん、こんにちは!ミドリーナです。
Midoriは大阪市・八尾市・東大阪市を中心に、快適空間の創造と暮らしやすい住まいをお届けするため、今日もお客様のために励んでいます♪

マンションに長く住んでいると、リフォームをしたい部分も出てきますよね。特に毎日使用するお風呂は経年劣化や汚れが目立つ場所。カビや匂いをはじめ、段差が気になるなど様々な悩みがある方も多いでしょう。

そこで今回は、マンションのお風呂リフォームにかかる費用や期間について詳しく解説します。記事の後半には、お風呂のリフォーム時に気をつけたいポイントについてもご紹介しますので、最後までチェックしてくださいね。

浴室の種類は?マンションで使われる浴室タイプのメリット・デメリットをご紹介

浴室は大きく分けて次の2種類があります。
■在来工法…戸建てに多い
■ユニットバス…マンションに多い


在来工法とは、浴室の下地材で防水をした後にタイルを貼って仕上げる浴室タイプです。サイズやデザインの自由度が高いのが特徴で、戸建て住宅などでよく使われます。

【従来工法のメリット・デメリット】
メリット デメリット
■浴槽・天井・壁・窓の大きさなど自分
 好みのデザインでリフォームできる
■バリアフリー対策もしやすい
■様々な素材を選択可能
■防水性がユニットバスより劣る
■工期が長い
■リフォーム代も高い

一方ユニットバス(別名システムバス)は、浴室を構成するパーツがすべてセットで製造されており、それらのパーツを施工現場で組み立てるタイプの浴室で、マンションの浴室によく使われています。

ここからは、マンションのお風呂でよく使われるユニットバスのメリット・デメリットについてみていきましょう。

【ユニットバスのメリット・デメリット】
メリット デメリット
■掃除がしやすい
■機密性・防水性に優れている
■バリアフリーのタイプも豊富
■工期が短く済む
■規格サイズが設置スペースに
 収まらなければならない
■設備の後付けが難しいケースも
■規格外のパーツや設備に対応しない

ユニットバスは、規格サイズが決まっていることや設備の後付けができないというデメリットがありますが、短い工期で済むことや気密性・防水性に優れていることなどからマンションのリフォームに最適な浴室タイプですよ。

マンションのお風呂リフォームの相場費用と期間

浴室リフォームはユニットバスの交換が一般的で、平均価格帯は60〜100万円といわれています。ほとんどのリフォームは100万円以内で行われています。
・目安価格帯:60〜100万円
・中心価格帯:80〜100万円

お風呂のリフォームと一言でいっても、その施工内容は本当に様々で、ユニットバスごと新しいものに交換する工事や追い焚き機能を追加する工事まで、それそれのニーズに合わせたリフォームが可能です。また、ユニットバスはユニットバスのグレード、素材やオプションによって大きく費用が変動します。

【ユニットバスのグレード別費用相場】
種類 費用(工事費込)
トップクラス 80万円~(100万円)
ミドルクラス 50万円~(70万円)
ベーシッククラス 30万円~(50万円)
【オプションアイテムの費用相場】
アイテム名 費用(工事費)
ジェットバス 20万円~(25万円~)
ミストサウナ付き・暖房乾燥機 15万円~(25万円~)
テレビ・サウンド 2万円~(5万円~)
換気暖房乾燥機 8万円~(10万円)
手すり 1万円~(1万5千円~)
残り湯利用 3万円~(5万円)

ここからは、具体的な施工内容とそれぞれの費用相場・工期についてみていきましょう。

施工内容 費用相場 工期
ユニットバスの交換 50~150万円 4日前後
在来工法からユニットバスへの交換 65~150万円 1週間前後
天井・壁・床の修繕 10~30万円 1~2日前後
浴槽の交換 10~60万円 1日
追い焚き機能の後付け 40~90万円 1日~1週間

物件の構造や浴室の状態によって施工できる内容が限定されたり、費用も大きく変わってきます。詳しいリフォーム代を知りたい方は、施工業者に見積りを依頼してみましょう。

マンションのお風呂リフォーム時に注意したい5つのポイント

ここからはマンションのお風呂リフォームをする際に気をつけたい5つのポイントをご紹介します。

・1:マンションの規約をチェック
マンションの規約や構造をあらかじめチェックしましょう。お風呂のような専用部分のリフォームであっても、マンションの制限から外れない工事を行う必要があります。万が一制限から外れた施工をしてしまった場合、原状回復が求められる場合もありますのできちんと確認をしておきましょう。そして管理組合の理事長への申請も必要です。必要な書類を準備した上で申請をしましょう。

・2:近隣住民への配慮を忘れずに
リフォーム時に心配なのが、騒音トラブルです。マンションの掲示板でお知らせすることや、通知書を近隣住民の方のポストに入れるなど、あらかじめリフォームをする旨を近隣住民の方へ知らせることが大切です。特に振動や騒音が伝わりやすい両隣や上下階の住人の方には直接ご挨拶するなど、配慮する気持ちを忘れないようにしましょう。

・3:予算をあらかじめ提示すること
予算以上の費用がかかってしまわないために気をつけたいのが「予算をあらかじめ提示すること」です。事前に予算を伝えることで、担当業者が予算に合わせたリフォームを提案してくれます。また、着工間近に工事の追加や変更をしてしまうことで通常よりも高いコストがかかってしまいます。変更や追加がある場合はなるべく早い段階で伝えるようにしましょう

・4:ユニットバスのサイズ選びは慎重に
同じサイズ表記のユニットバスであっても外寸が異なる場合もあります。既存のユニットバスと同じサイズであっても浴室に収まらないケースもありますので、施工業者と相談の上最適なユニットバスを選んでいきましょう。
また、既存のお風呂よりも広くしたいとお考えの方も、ユニットバスを交換するだけで浴室部分を広げられる場合もあります。そのほかにも、壁の位置をずらすことや配管の配置を変えることによって広くすることもできます。浴室サイズでお悩みの方は、見積り時に業者に相談をしましょう。

・5:業者選びは慎重に行うこと

リフォームをする際に重要なのが「業者選び」です。工事の内容はもちろんのこと、丁寧な対応をしてくれる業者を選びたいですよね。業者選びをする際に気をつけたいポイントは次の3つです。

・マンションリフォームの実績が多い業者へ依頼すること
・地元密着型の工務店に依頼すること
・見積りをきちんと提示してくれる業者に依頼すること

マンションリフォームの実績が豊富で、かつ地元密着型で展開する工務店は、大手の工務店と比べてコストパフォーマンスもいい場合が多いのでおすすめですよ。

まとめ

いかがでしたでしょうか?マンションのお風呂リフォームにかかる費用相場と期間についてご紹介しました。
マンションの規約をチェックはもちろん、近隣住民などへの配慮が必要だとわかりましたね。そのため、短期間で比較的簡単に施工が終わる「ユニットバス」タイプのリフォームがおすすめですよ。
ご自分の予算をきちんと業者に伝えた上で、予算内でどのような施工ができるのかを確認してみましょう。

当社では、大阪市、八尾市、東大阪市を中心に地域に愛され続け創業50年。今まで数多くのリフォームを請け負ってきました。お客さまのどんな些細な要望にもお答えし、快適な空間作りを提案していきます。社員一人が専属アドバイザーとしてお風呂リフォームのイメージづくりから完成・引き渡しまで、しっかりサポートします。お風呂リフォームをお考えの方は、ぜひMidoriにお気軽にお問い合わせください!

ブログ内検索

  • 新着&イベント情報
  • 社長クハラのブログ
  • 月刊 明るいMidoriっ子ブログ
  • ショールームの出来事

お気軽にご相談ください。無料相談のお申込みも受け付けております。

お電話でのお問合せ

0120-09-1670

メールでのお問合せ

お問合せはこちら

営業を目的としたお問合わせはご遠慮ください。

ページトップへ
TEL Show