大阪・八尾市・東大阪市での「全面改装リフォーム・リノベーション・増改築」のご相談なら
株式会社Midoriへ!地域密着の安心リフォームをご提供します!

0120-09-1670

新着&イベント情報

リフォームとリノベーションの違いは?メリット・デメリットを詳しく解説

みなさん、こんにちは!ミドリーナです。
Midoriは八尾市・東大阪市をはじめ大阪を中心に、快適空間の創造と暮らしやすい住まいをお届けするため、今日もお客様のために励んでいます!

みなさんはリフォームとリノベーションの違いを知っていますか?マイホームの改修工事を検討されている方の多くが疑問に思うポイントでしょう。そこで今回は、リフォームとリノベーションの違いやメリット・デメリットについて詳しく解説するのでぜひ参考にしてください。

リフォームとは?

リフォームとは、老朽化した建物を新築当初の性能に戻す改装工事のことです。経年劣化などによる破損や汚れ、老朽化した部分など、マイナスの状態となった住宅を現状復帰するような意味合いで使われます。

一般的にリフォームの工事内容は次のようなものが挙げられます。

<リフォームの工事内容例>
・クロスや床の張り替え
・塗装の塗り直し
・キッチン設備やユニットバスの交換など

リノベーションとは?

リノベーションとは、既存の建物に大規模な工事を行い、住まいの性能を新築時よりも向上させたり、付加価値をつけたりする改装工事のことです。

リフォームがマイナスの状態からゼロの状態、つまり新築の状態に戻すのに対し、リノベーションは新築時よりも+αで新しい価値や機能を追加することを意味します。

一般的にリノベーションの工事内容は次のようなものが挙げられます。

<リノベーションの工事内容例>
・間取りの変更
・水回りの配管移動
・和風の外観を洋風にアレンジする
・古民家の土間や台所をシステムキッチンに変更するなど

基本的に、リノベーションは、リフォームよりも大掛かりな改修工事であると覚えておきましょう。

リフォームとリノベーションのメリット・デメリット

リフォームとリノベーションの違いについて理解できたところで、両者のメリット・デメリットについて詳しくみていきましょう。

<リフォームのメリット・デメリット>
メリット デメリット
・家の雰囲気をそのまま残せる
・工事が短期間で済む
・修繕コストや税金も抑えられる
・仮住まいを借りる必要がない
・大掛かりなデザイン変更ができない
・費用が高額になるケースもある
・リフォームローンが組みにくいことも
<リノベーションのメリット・デメリット>
メリット デメリット
・生活スタイルに合わせて自由に
 レイアウトをきめられる
・物件の選択肢が豊富である
・物件の資産価値を高められる
・新築を建てるよりもコストを削減
 できる
・コストが高くつくことも
・入居するまでの時間がかかりがち
・耐久性や耐震性に難ありのケース
 がある
・ローンなどの金利が高くなりがち

このように、どちらにもメリットやデメリットが存在します。両者の違いをきちんと理解した上で、どちらの改修工事が適しているかを考える必要があるのです。

リフォームとリノベーションはこんな人におすすめ

それぞれの改修工事に向いている方の特徴は次の通りです。

<リフォームが向いている人>
・キッチンや浴室、洗面台などを交換したい人
・フローリングを新しく張り替えたい人
・今ある住宅のよさをそのまま活かしたい人

リフォームは、工期が短くコストも抑えながら、最低限の機能性を確保したい方におすすめの改修工事といえるでしょう。


<リノベーションが向いている人>
・立地にこだわりたい人
・資金面でゆとりを持ちたい人
・デザインにとにかくこだわりたい人
・ナチュラル志向の強い人

リノベーションは、新築を建てるよりこコストダウンできるため、費用を抑えながらこだわりの住まいを作りたい方に向いているといえるでしょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか?リフォームとリノベーションの違いやメリット・デメリットについてご紹介しました。完成するまでにかかるコストや工期が大きく異なりますので、ご自分に合ったスタイルで素敵な住まいを作り上げていきましょう!

八尾市・東大阪市をはじめ大阪市周辺でリフォームやリノベーションをお考えの方は、ぜひMidoriまでお気軽にご相談ください。地域の皆様に愛されて続けて50年、経験豊富なリフォーム・リノベーションのプロがあなたに最適なプランをご提案いたします。
※ お問合せ・資料請求はこちら
※ 施工実績はこちら
※ サービス一覧はこちら

ブログ内検索

  • 新着&イベント情報
  • 社長クハラのブログ
  • 月刊 明るいMidoriっ子ブログ
  • ショールームの出来事

お気軽にご相談ください。無料相談のお申込みも受け付けております。

お電話でのお問合せ

0120-09-1670

メールでのお問合せ

お問合せはこちら

営業を目的としたお問合わせはご遠慮ください。

ページトップへ
TEL Show