大阪 八尾市・東大阪市 全面改装リフォーム・リノベーション・増改築の地域密着安心リフォーム(財)大阪府警察職員互助会指定業者第81号

新着&イベント情報

トイレのリフォームで使える補助金について解説します!

みなさん、こんにちは!
信頼できるアドバイザーと経験豊富な職人が「お客さま第一」をモットーに、暮らしの便利さをお届けしているMidoriです。

さて、今日はトイレリフォームで使える補助金のお話し。
トイレは、誰でも1日に数回はお世話になる場所ですよね。それだけに、使う時は常に快適でいたいものです。便器自体は非常に頑丈で耐用年数は50年ともいわれますが、水洗機構やウォシュレットなどは、それほど長くは保ちません。

そこで、定期的なリフォームが必要になってくるのですが、補助金制度を利用する事も可能なのです。

使える補助金は3種類

まず、実際に適用できる制度について確認してみましょう。リフォームに関する制度には、補助金が支給されるタイプと税金の控除が受けられるものとに分けられます。
2020年時点で該当する制度には、介護を目的としたもの、各自治体によるもの、リフォーム減税制度などがあります。

介護保険

もっとも利用しやすい制度が介護目的で行う改装工事です。手すりや入り口の段差の解消をはじめ、和式から洋式に変えるだけでも対象になります。手続きは、それぞれの自治体で行い、支給限度額は20万円です。
トイレリフォームで利用できる補助金の中では、もっとも適用条件がゆるいため、利用しやすい制度のひとつといえます。

自治体による制度

トイレのリフォームに関する補助金制度の中には、国だけでなく各市町村といった自治体が実施しているものもあります。それぞれの地域によって対象となる改装工事が違うため、事前に確認しておくといいでしょう。
この制度は、自治体が指定している業者でなければならない、住民税の納付がきちんとされていることなど、条件が細かく定められている場合が少なくありません。

リフォームの減税

制度の中には現金が帰ってくる補助金とは別に、減税対策として利用できるものもあります。耐震、省エネ、バリアフリー、同居対応などは、トイレの改装工事に当てはまるケースが多いので、こちらも事前にチェックしておくといいでしょう。

この制度は、実際に工事を行った翌年の3月15日までに、該当する税務署への確定申告が必要になります。控除額は、工事代金を一括で支払った場合、最大で20~50万円の所得税控除。工事代金をローンで借り入れした場合、5年間で最大62.5万円の所得税控除を受けることができます。

申請時における注意点

トイレをリフォームする際に、ぜひ利用したい各種補助金制度ですが、注意点もあります。知らずに工事を行ってしまうと取り返しがつかない場合もありますので、意識しておく必要があります。

申請は必ず工事開始前に

制度によって多少の違いはありますが、原則として補助金申請は施工前に行います。仮に受給条件を満たした工事であっても完了後では適用されない場合がほとんどなのです。申請にあたっては、見積もりが必要になりますので、早急に用意してもらうようにしましょう。

選ぶ業者を間違えない

自治体の提供する制度の場合、指定業者でなければ制度そのものが適用されない場合があります。こういった業者に依頼してしまうと、本来、使えるはずの補助金も受けられなくなってしまうのです。自分の住んでいる地域にどのようなサービスがあるのかを調べ、業者に確認する必要があります。

Midoriは、大阪・八尾・東大阪を中心に、地域密着のサービスを展開しています。大阪エリアで該当する各種制度は、すべて対応可能、細かな適用条件まですべて把握済みですから、お客さまに最適な制度をご提案することが可能です。

また、お客さまにはひとりずつ専任のアドバイザーを付けさせていただいていますので、どんな小さな疑問点でも即座にお答えすることができます。

大阪エリアでトレイのリフォームを検討中のお客さま。ぜひ、一度Midoriまでお気軽にご相談ください!

ブログ内検索

  • 新着&イベント情報
  • 社長クハラのブログ
  • 月刊 明るいMidoriっ子ブログ
  • ショールームの出来事

お気軽にご相談ください。無料相談のお申込みも受け付けております。

お電話でのお問合せ

0120-09-1670

メールでのお問合せ

お問合せはこちら

ページトップへ
Show