大阪 八尾市・東大阪市 全面改装リフォーム・リノベーション・増改築の地域密着安心リフォーム(財)大阪府警察職員互助会指定業者第81号

0120-09-1670

新着&イベント情報

一戸建てにおすすめな湿気対策を解説

みなさん、こんにちは!大阪市・八尾市・東大阪市を中心に、信頼できるアドバイザーと経験豊富な職人が「お客さま第一」をモットーに、暮らしの便利さをお届けしているMidoriのミドリーナです♪

一戸建てはマンションと比較して気密性が高くないこともあり、そこまで湿気がこもりにくい構造といわれています。でも、最近は気密性・断熱性が高い住宅の人気が高まっていることもあり、湿気に悩まされる方も増えているようです。

そこで一戸建てにお住まいの方におすすめの湿気対策をミドリーナがご紹介していきます!湿気が多いことで起こる悪影響についても解説しますので、ぜひ最後までチェックしてくださいね!

湿気が多いことで起こる3つの悪影響とは?

湿気が多いことで次のような悪影響が考えられます。
・1:結露
・2:カビやダニの発生
・3:害虫による被害

結露は、屋外との気温差が激しいことや屋内の湿度の高さが原因で起こります。結露を放置してしまうことで、カビの発生だけでなく、窓のサッシや窓枠部分が傷んでしまうことにもつながります。またカビが発生することでアレルギー反応や喘息を引き起こす原因にもなってしまうので注意が必要です。

カビやダニも、湿度60%以上の湿気の多い場所で発生しやすいといわれています。カビの胞子を吸い込んでしまうことで「真菌症」」という病気にかかってしまうことも。体調面に大きく影響しますので気をつけたいですね。

また湿度の高い場所には害虫が集まりやすいです。特に梅雨時期のようなジメジメしたシーズンは要注意です。ヤスデやムカデ、チャタテムシが室外から侵入することも。自宅周辺の落ち葉や廃材などをそのままにすると虫が集まりやすいのできれいで清潔な状態をキープしていきましょう。

一戸建てにおすすめ!カビを発生させない3つの湿気対策

一戸建て住宅におすすめしたい3つの湿気対策をご紹介します。今日からはじめられる簡単なものばかりですので、ぜひお試しくださいね。
・1:風通しをよくする
・2:除湿機・除湿剤を活用する
・3:家具の設置場所を考える

湿気を抑えるために最も有効な手段は「換気をすること」です。天気のよい日は複数の窓を開けて風としをよくしましょう。サーキュレーターなどをしようして部屋の空気を循環させることもおすすめです。湿気がこもりがちなクローゼットや押し入れの扉も定期的に開けるようにしましょう。また、24時間換気機能がある一戸建ての場合は、稼働させ続けることも忘れないようにしてください。

換気と同じくらい大切なのが「除湿」です。湿気の多い時は、除湿機をフル活用して部屋の湿気を除去していきましょう。ウォークインクローゼットや下駄箱、キッチンのシンク下、お風呂場周りは湿気がどうしても溜まってしまう場所です。除湿機はもちろん、備長炭や重曹、市販の除湿剤を活用して湿気対策をしましょう。

また、忘れてしまいがちなのが「家具の設置場所」です。外の湿気は壁を伝わり室内に侵入してきます。そのため壁にベタっと設置してしまうと湿気がこもってしまいカビの発生源となります。家具を設置する場合は5cm以上離すと効果的です。

湿気があまりにもひどい場合はリフォームも検討しよう

一戸建て住宅の周辺環境によっては、対策をしていてもなかなか湿気がなくならないという場合もあるでしょう。周辺に河川がある場合や家を建設する以前に水に関係する土地だった場合は、床下や室内全体の湿気によるトラブルが発生しやすいです。あまりにも湿気具合がひどい場合はリフォームも検討してみましょう。
■床下換気扇の設置
■床下調湿材(シート)の設置
■床下にコンクリートを敷く

まとめ

このような対策とリフォームが湿気対策にとても効果的でおすすめです。自社に工場部を持つMidoriでは、社員一人が専属アドバイザーとして一戸建てのリフォームのイメージづくりから完成・引き渡しまで、しっかりサポートします。大阪市・八尾市・東大阪市を中心に、地域密着のサービスを展開していますので、お気軽にお問い合わせください!

ブログ内検索

  • 新着&イベント情報
  • 社長クハラのブログ
  • 月刊 明るいMidoriっ子ブログ
  • ショールームの出来事

お気軽にご相談ください。無料相談のお申込みも受け付けております。

お電話でのお問合せ

0120-09-1670

メールでのお問合せ

お問合せはこちら

営業を目的としたお問合わせはご遠慮ください。

ページトップへ
Show